TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

トーハクくん、びょうぶとあそぶ

こんにちは。博物館教育課の小林です。
7月に入って、東京は気温がぐっと上がり、蒸し暑い日が続いています。
平成館で開幕した特別展「タイ ~仏の国の輝き~」が、熱帯の風をつれてきたのでしょうか。

そして、本館ではタイ展と同時に「びょうぶとあそぶ」が始まりました。
今日は、皆様に会場の雰囲気をお伝えしたいと思います。
ここで、「びょうぶとあそぶ」第一会場「松林であそぶ」にいるトーハクくんにバトンタッチしたいと思います。 トーハクくーん レポートお願いしまーす。


ほほーい。ボクトーハクくん。
今日は、「びょうぶとあそぶ」の会場に来ているんだほ。
「びょうぶとあそぶ」の会場


トーハクくん 「びょうぶとあそぶ」は、作品の精巧な複製と映像を組み合わせたインスタレーションなんだほ。じつは、ボク、インスタ初体験ほ! ドキドキするほー。

トーハクくん 入り口を入ると、そこは松林の道。
薄い布に映された松の木がゆらゆら揺れてきれいほー。


入り口の松林

映像と音、そして香りで松林のアプローチを演出しています。

トーハクくん 松林の道を抜けると大きなスクリーンがあるんだほ。

大きなスクリーンの前のトーハクくん


本館でもっとも大きな展示室特別5室を目いっぱい使った半円形のスクリーンで、「国宝 松林図屏風」の世界を高精細複製品と映像で表現したインスタレーションをお楽しみいただけます。屏風の前には25枚の畳を敷き詰めた広間があります。ぜひ、靴をぬいでくつろいでお楽しみください。
背景に映し出されるのは、屏風と同じ長谷川等伯筆の「瀟湘八景図屏風」(当館蔵)です。やがて、画面の右から、春夏秋冬と季節も変わり、いつしか松林図屏風の中をさまようような映像に。

トーハクくん 松林の向こうに大きな風景が広がってる。鳥さんも飛んでるほ。
ここはどこなんだほ?

駆け回るトーハクくん


等伯の絵のモチーフにもなったカラスが、皆さんを絵の中の世界へといざないます。


トーハクくん なんだかよい香りがして、気持ちのよい風が吹いてきたほー。
足をのばしてのんびり座ると、畳って、気持ちいいんだほー。

畳の上で寝るトーハクくん


あ、トーハクくん、寝ちゃったみたいですね。
あなたもぜひ、異次元の美術体験を。

この企画は、夏休みの親と子のギャラリーとして企画されたものですが、大人の皆さまにも満足いただける時間と空間ができました。
夏休み前のまだ会場に余裕のあるいま、ぜひお時間をつくってお出かけくださいませ。
金曜日、土曜日はオトナ時間。21時まで開館しています。
7月15日(土)21日(金)にはダンス・パフォーマンス「びょうぶとおどる -酒井幸菜 松林図をおどる」も開催します!

トーハクくーーーん!
第二会場「つるとあそぶ」のレポートは?

トーハクくん ZZZZZZ

第二会場鶴の屏風のレポートは、また次回をお楽しみに。

 

カテゴリ:教育普及トーハクくん&ユリノキちゃん

| 記事URL |

posted by 小林 牧(博物館教育課長) at 2017年07月11日 (火)

 

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出来事など、トーハクスタッフによる最新情報をお届けします。

 

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

 

他のブログを見る

更新情報