TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

2019年 新年のご挨拶

2019年、平成最後のお正月を迎え、つつしんでお慶び申し上げます。

今年もトーハクは2日から開館、恒例の新春企画「博物館で初もうで」を開催いたします。

今年の干支は、十二支の最後、亥(い)、イノシシです。イノシシは、日本全国多くの地域に生息している身近な動物でした。イノシシは、多産であることなどから豊穣を象徴する存在であり、また「猪突猛進」という言葉があるように、前に突き進む猛烈な勢いがイメージされます。お正月の特集は、「イノシシ  勢いのある年に」と題し、「イノシシ」をモチーフにした作品を集めた展示としました。「イノシシ」にあやかって、本年が勢いのある一年になれば、と思います。
正月2日と3日には、和太鼓・獅子舞などのイベント、生け花飾りなど華やかに年の初めを演出します。トーハクで新年をキックオフしていただければ幸いです。

オリンピック・パラリンピック開催を翌年に控え、トーハクは、新年1月16日より特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」(~2月24日)を平成館で開催します。春は、本館で特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」および特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」、平成館では、特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」、を開催します。夏には特別展「三国志」、そして秋は本館で、住友財団修復助成30周年記念特別企画「文化財よ、永遠に」など多様な展覧会を予定しています。

総合文化展では、「顔真卿」展に合わせて恒例の台東区との連携企画「王羲之書法の残影―唐時代への道程―」が開幕します。また、春の庭園開放期間を長めにし、5月19日(日)まで庭園散策をお楽しみいただけます。さらに、春の「博物館でお花見を」、夏休みの教育普及企画、秋の「博物館でアジアの旅」など、今年も時季にかなったさまざまな展示・催しものを行います。

一方、来るオリンピック・イヤーに備え、本館の施設改修を進めるとともに、海外からの来館者もより深くお楽しみいただけるよう、多言語での解説の充実を図るなどサービスの向上に努めて参ります。

2019年が皆さまにとりまして楽しいことの多い良き年となりますよう、またトーハクで楽しい思い出をたくさんつくっていただけますよう、心よりお祈り申し上げます。


館長 銭谷眞美
「唐獅子」(個人蔵)の前で、トーハクくんとユリノキちゃんと共に

カテゴリ:news

| 記事URL |

posted by 銭谷眞美(館長) at 2019年01月01日 (火)

 

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出来事など、トーハクスタッフによる最新情報をお届けします。

 

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

他のブログを見る

更新情報