TOP
 >> 展示
 >> 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」 / 本館 特別5室・特別4室・特別2室・特別1室   2019年5月3日(金) ~ 2019年6月2日(日)

  
国宝 檜図屏風(部分) 狩野永徳筆 安土桃山時代・天正18年(1590)

本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」の一環として開催する特別展です。皇室ゆかりの名品である狩野永徳筆「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の作である国宝「檜図屏風」を、同時公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会となります。
平安から近代の名だたる日本美術の名品をご覧ください。

 

展覧会のみどころ

開催概要

展覧会のみどころ

主な作品

唐獅子図屏風唐獅子図屏風
唐獅子図屛風からじしずびょうぶ
[右隻]狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀
[左隻]狩野常信筆 江戸時代・17世紀
宮内庁三の丸尚蔵館

狩野永徳(1543-90)は、安土桃山時代に活躍した狩野派の代表的な絵師で、その勇壮な画風は日本美術史の中でも特筆されます。その代表的な傑作である「唐獅子図屛風」は、もとは城内の床貼付け、あるいは陣屋屛風とも言われる特に大型の作品です。江戸時代に曾孫にあたる常信が左側に同大の画面を補って、一双の屛風として伝えられました。両者の全く異なる画風も興味深いところです。
檜図屏風檜図屏風
国宝 檜図屛風ひのきずびょうぶ
狩野永徳筆 安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵

狩野永徳の最晩年の作で、桃山時代の金碧障屏画の一つ。天正17年(1589)に念願の実子・鶴松(棄丸)を得た豊臣秀吉は、その翌年に猶子としていた正親町天皇の孫・智仁親王との関係を解消し、かわりに八条宮家を創設して御殿を造営させました。その御殿のために狩野永徳一門が描いた障壁画の一部分が、この檜図です。現在は屏風に改装されていますが、「大蛇が奔るが如き」と評された永徳の力強い表現は失われていません。八条宮家の後身である旧桂宮家に伝えられた後、宮内省に引き継がれ、大正時代に帝室博物館(現東京国立博物館)に移管された作品です。
秋冬山水図 秋冬山水図
国宝 秋冬山水図しゅうとうさんすいず
雪舟等楊筆
室町時代・15世紀末~16世紀初
東京国立博物館蔵

本作品は、落葉した木のある手前の岸から、ジグザグの山道を経て、遠くの楼閣を見晴るかす秋景と、切り立った巨大な崖のもと、雪深い山間の道を踏み分けていく一人の旅人を描く冬景からなります。本図では、近くから遠くへと岩山を配置することで、奥深い空間が表現されており、雪舟以前の日本の水墨山水画には見られなかった構築性が明確に示されています。
花鳥遊魚図巻花鳥遊魚図巻
(部分)
花鳥遊魚図巻かちょうゆうぎょずかん
長沢芦雪筆 江戸時代・18世紀 文化庁蔵

長澤芦雪は、江戸中期に活躍し、円山応挙の弟子として知られます。曽我蕭白や伊藤若冲とともに「奇想の画家」として位置づけられ、高い評価を得ています。本作は、身近な動植物を巧みな筆致で描き出した画巻です。その詩情豊かな描写は、近世花鳥画巻の中でも屈指の出来栄えと言えるでしょう。
更級日記更級日記
更級日記さらしなにっき
藤原定家筆 鎌倉時代・13世紀 宮内庁三の丸尚蔵館

平安時代中流貴族の一女性、藤原孝標の娘による回想記で、『源氏物語』が書かれて評判になった少女時代から、夫に先立たれた晩年までが記されています。現在写本の祖本として、また藤原定家(1162-1241)の作品として、よく知られています。
色絵若松図茶壺 養蚕天女
重要文化財 色絵若松図茶壺いろえわかまつずちゃつぼ
仁清作 江戸時代・17世紀 文化庁蔵

仁清は丹波(現兵庫県の一部)出身で、京焼の大成者として名高い陶工です。この茶壺は仁清黒とよばれる光沢のある黒釉が掛けられており、土肌の部分を土坡に見立てて、金で山並みを表し、赤、緑と金銀を用いた若松、椿などの図がリズミカルに配置されています。讃岐国(現香川県)丸亀藩主京極家に伝来しました。

 

 

開催概要

会  期 2019年5月3日(金・祝)~6月2日(日)
会  場 東京国立博物館 本館特別5室・特別4室・特別2室・特別1室(上野公園)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)
休館日 月曜日(ただし5月6日(月・休)は開館、5月7日(火)は休館)
観覧料金 一般1,100円(1,000円)、大学生700円(600円)、高校生400円(300円)
中学生以下無料
( )内は前売り/20名以上の団体料金
障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

前売券は、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドで、2019年1月18日(金)~2019年5月2日(木)まで販売予定。

特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」との特別前売券「2展セット券」 一般 1800円
2展セット券は、セブンチケット(セブンコード:071-942)、イープラスで、2019年1月18日(金)~3月4日(月)まで販売。※500枚限定、売切次第販売終了
2展セット券の販売は終了しました。

「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1,100円を1,000円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。
本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。
交  通 JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主  催 東京国立博物館、文化庁、読売新聞社
協  力 宮内庁
特別協賛 キヤノン、サントリーホールディングス、資生堂、
JR東日本、積水ハウス、
髙島屋、日本たばこ産業、
野村ホールディングス、三井不動産、三菱地所、

明治ホールディングス
協  賛 JTB、竹中工務店、成田国際空港、日本郵政グループ、三井住友銀行、
三菱重工業、三菱商事
お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会公式サイト https://tsumugu-exhibition2019.jp/