TOP
 >> 展示
 >> 博物館に初もうで イノシシ 勢いのある年に

博物館に初もうで イノシシ 勢いのある年に

博物館に初もうで イノシシ 勢いのある年に / 本館 特別1室・特別2室   2019年1月2日(水) ~ 2019年1月27日(日)

  
野猪 石川光明作 大正元年(1912) 石川光明氏寄贈

明けましておめでとうございます。本年は干支のうち12番目の亥の年です。

イノシシは、ユーラシア大陸に生息し、古来、人の生活に密接にかかわってきました。イノシシを家畜化したものがブタで、中国大陸や朝鮮半島では、「猪」と書くとブタを意味します。

イノシシは多産であることから豊穣を象徴し、日本では古くは霊獣ともされていました。また「猪突猛進」という言葉がとにかく一つのことに突き進む様を表すように、イノシシの前に突き進む猛烈な勢いに何か特別なものを感じたのか、信奉の対象となることもありました。こうした勇猛なイノシシだからこそ逆に、伏したすがた「臥す猪」は、趣のあるものとして和歌や俳句によくよまれ、ひいては平安や平和を象徴する意味をもつようになったようです。

この展示では、古代から近代にいたるまで「猪」をモチーフにしたさまざまな作品を集めました。イノシシにあやかって、本年がみなさまにとって勢いのある一年になりますように。
 

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
野猪 石川光明作 大正元年(1912) 石川光明氏寄贈
重要文化財 埴輪 猪 群馬県伊勢崎市大字境上武士字天神山出土 古墳時代・6世紀
沃懸地鳳凰蒔絵小脇指 金具=後藤一乗作 江戸時代・19世紀
萩野猪図屏風 望月玉泉筆 江戸~明治時代・19世紀

関連事業

<イベント>   博物館に初もうで
2019年1月2日(水) ~ 2019年1月27日(日)   9:30~17:00 
※ 金・土曜日は9:30~21:00  

関連リンク