特別展

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

「縄文の美」をテーマとする本展では、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。

特別展

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

フィラデルフィア美術館の所蔵品により、西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会です。もともと西洋とは異なった社会環境の中で作られた日本の美術の意味や価値観を浮かび上がらせて、日本の美の楽しみ方を新たに提案します。

特別展

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示いたします。

親と子のギャラリー

トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

2018年夏のファミリー向け企画・親と子のギャラリーとして「びじゅチューン!」とのコラボレーションによる、「なりきり」をキーワードにした参加・体験型展示を行います。

特集

明治150年記念 書と絵が語る明治

明治時代の前半を中心に、東京国立博物館が所蔵する近代の書跡と絵画の作品に表わされた自然、人物、都市、歴史的な事件など、新しい時代の日本の諸相をうかがいます。

イベント

博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン

「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」を意味します。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることをご紹介します。ぜひ東洋館をジャランジャラン(散歩)して下さい。

特別展

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

特別展

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

特別展

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

親と子のギャラリー

トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

特集

明治150年記念 書と絵が語る明治

イベント

博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン

特別展
特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

平成館 特別展示室 2018年7月3日(火)~2018年9月2日(日)

「縄文の美」をテーマとする本展では、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。

特別展
東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

予告東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

平成館 特別展示室第1室・第2室 2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)

フィラデルフィア美術館の所蔵品により、西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会です。もともと西洋とは異なった社会環境の中で作られた日本の美術の意味や価値観を浮かび上がらせて、日本の美の楽しみ方を新たに提案します。

特別展
特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

予告特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

平成館 特別展示室第3・4室 2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)

大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示いたします。

親と子のギャラリー
親と子のギャラリー
トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

本館 特別4室・特別5室 2018年7月24日(火)~2018年9月9日(日)

2018年夏のファミリー向け企画・親と子のギャラリーとして「びじゅチューン!」とのコラボレーションによる、「なりきり」をキーワードにした参加・体験型展示を行います。

特集
特集
明治150年記念 書と絵が語る明治

明治150年記念 書と絵が語る明治

本館 特別1室・特別2室 2018年7月10日(火)~2018年9月2日(日)

明治時代の前半を中心に、東京国立博物館が所蔵する近代の書跡と絵画の作品に表わされた自然、人物、都市、歴史的な事件など、新しい時代の日本の諸相をうかがいます。

イベント
イベント
博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン

予告博物館でアジアの旅 海の道 ジャランジャラン

東洋館 2018年9月4日(火)~2018年9月30日(日)

「ジャランジャラン」とはインドネシア語で「散歩」を意味します。インドネシア海域で栄えた豊かな文化が、各地との活発な交流と多様性の上に成り立っていることをご紹介します。ぜひ東洋館をジャランジャラン(散歩)して下さい。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

お知らせ

特別展「縄文」の入場者が20万人に達しました。

2017年6月~2018年5月に実施した「博物館ニュース名品スタンプラリー」ではスタンプを全て集めた方に記念品を差し上げております。ご予約分のお引き換え期間を延長いたしましたので、まだお引き換えがお済みでない方は、正門プラザインフォメーションまでスタンプ帳をお持ちください。 記念品の入荷が遅れ、ご不便をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

特別展「縄文」の入場者が10万人に達しました。

東博句会「花見で一句」(2018年3月13日(火)~4月8日(日)実施)入選発表

正門プラザのミュージアムショップと休憩スペースは、環境整備のため当分の間、閉鎖いたします。

「博物館で野外シネマ」学生サポーターを募集!  応募締切 8月23日(木)

UENO WELCOME PASSPORT(上野地区文化施設共通入場券) 4月1日(日)より販売
利用期間:2018年4月1日(日)~2018年9月30日(日)

ブログ最新記事

【縄文】フィギュアで楽しむ縄文時代

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」 の会場内には、縄文時代の様子をご想像しやすいように、フィギュアを展示しています。...

なりきり日本美術館、始めました! その2

東京国立博物館、教育普及室の藤田です。 夏休み恒例の展示、親と子のギャラリー「 トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館...

初公開!!! 華麗なる古代の「透彫金具」

現在、法隆寺宝物館第6室では「 染織-広東綾大幡と古代の幡金具・幡足-...

NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。