このページの本文へ移動

東洋館

『東洋館』の画像

2013年1月2日(水)にリニューアルオープン。「東洋美術をめぐる旅」をコンセプトに、中国、朝鮮半島、東南アジア、西域、インド、エジプトなどの美術と工芸、考古遺物を展示しています。

フロアマップ
ミュージアムシアター
ミュージアムショップ
レストラン・カフェ

※ウェブページと展示室の現状に一部相違がある場合がございます。
   ご了承ください。

展示室の閉室のお知らせ

2022年2月21日(月)~2022年4月4日(月)まで、東洋館11室~13室は展示環境整備のため閉室します。


1階

 『中国の仏像』の画像 
1室  2022年4月26日(火) ~ 2023年4月23日(日)

インドから中国に仏教が伝わったのは紀元前後頃とされます。その後、南北朝時代に入ると、国家的な規模で寺院の造営が行なわれるようになり、仏教は中国でも大いに隆盛しました。この展示では、最新の研究成果を反映させ、中国彫刻の最盛期である南北朝時代から唐時代にかけての石仏をご覧いただきます。

2階

 『西アジア・エジプトの美術』の画像 
3室  2022年3月8日(火) ~ 2022年7月31日(日)

人類最古の文明揺籃の地として知られる西アジアとエジプト、東地中海地域の古代美術と考古資料を中心に紹介します。
エジプト美術では先王朝時代の石器や土器などを展示するほか、東地中海地域と西アジアの美術では、シリア・イラクの出土品や土偶、さまざまな技法で製作された古代ガラス器を展示します。

 『インド・ガンダーラの彫刻』の画像 
3室  2021年6月29日(火) ~ 2022年7月3日(日)

北インドではクシャーン朝(1~3世紀)に仏教美術が隆盛となりました。1世紀頃にガンダーラ、マトゥラーにおいて相次いで仏像の制作が始まり、また、ガンダーラでは仏陀の生涯をつづった仏伝美術が盛んとなります。ここではクシャーン朝のガンダーラ美術を中心に、インドのヒンドゥー教美術などを紹介します。

 『西域の美術』の画像 
3室  2022年5月31日(火) ~ 2022年7月18日(月)

20世紀初頭にシルクロードを探検した大谷探検隊の将来品を中心に展示をおこないます。今回は、トルファンのアスターナ・カラホージャ古墓群の出土品、ベゼクリク石窟の壁画、クチャのクムトラ石窟の菩薩像頭部、ホータンの如来像頭部などを展示し、西域北道のトルファン、クチャ、西域南道のホータンの文化をそれぞれ紹介します。

3階

 『中国文明のはじまり』の画像 
4室  2022年5月17日(火) ~ 2022年11月13日(日)

東洋館4室から5室にかけて、中国文明の形成と発展の過程を土器、玉器、出土文字資料、青銅器などの展示によってたどります。一連の中国文明関連の展示の冒頭を飾る「中国文明のはじまり」では、黄土高原に興った彩陶や中国北方の多彩な石器群から文明のあけぼのを垣間見ます。また、殷時代の甲骨文字や漢時代の封泥などの出土文字資料のほか、玉器・瓦・ガラス製品等を紹介します。

 『中国の青銅器』の画像 
5室  2022年4月19日(火) ~ 2022年8月7日(日)

殷時代から漢時代の青銅器を中心に、先祖の祭礼に用いた容器や楽器のほか、武器や馬具、銅鏡を展示します。今回は漢時代の青銅容器や金銅製の車馬具を紹介するとともに、中央の曲面ケースでは、唐時代の白磁、三彩の明器や俑を並べます。

 『中国 墳墓の世界』の画像 
5室  2022年6月14日(火) ~ 2022年9月4日(日)

戦国時代以降、中国文明が成熟していくに従い、王侯貴族は土を丘のように盛った墳墓を営み、その地下には死者の生活を支える家財の模型(明器)や人形(俑)などを大量に供えるようになりました。
今回は、昨年度に修理を終えた後漢時代の土器や模型を展示します。また、横河コレクションの青磁と唐三彩の明器と選りすぐって紹介します。

 『中国の陶磁』の画像 
5室  2022年6月14日(火) ~ 2022年10月2日(日)

中国唐時代から清時代に至るおよそ1300年のあいだにつくられた陶磁器を紹介します。
今回の展示ではコレクションの中核を担う横河民輔氏寄贈品から、名品を選りすぐって展示します。また、横河寄贈品によって充実をみた天目のコレクションをまとめて紹介します。

 『中国の染織 清朝の染織』の画像 
5室  2022年6月28日(火) ~ 2022年9月19日(月)

清時代の染織技術は精緻を極め、織り・刺繡ともに、まるで絵画のように文様をあらわした作品や、筆致を忠実に刺繡した経文が製作されました。加えて、華やかな色遣いは、絢爛豪華な清朝の文化をものがたるものです。ここでは錦と刺繡に着目し、衣装から軸物、経典などさまざまな用途の作品を取り上げることで、清朝の染織の粋を、多角的な視点から紹介します。

4階

 『中国の石刻画芸術』の画像 
7室  2022年4月12日(火) ~ 2023年4月16日(日)

後漢時代(1~2世紀)の中国山東省や河南省南部等では墓の上に祠(ほこら)を、地下には棺などを置く部屋である墓室を石で作りました。祠や墓室の壁、柱、梁などの表面には、先祖を祭るために当時の世界観、故事、生活の様子などを彫刻して飾りました。画像石と呼ばれるこれらの石刻画芸術は中国の様々な地域で流行しましたが、ここではとくに画題が豊富で優品の多い山東省の作品を一堂に集めて展示します。

 『中国の絵画・書跡・文人の書斎 清朝宮廷の書画』の画像 
8室  2022年6月28日(火) ~ 2022年9月19日(月)

17世紀後半から20世紀初頭にかけて中国大陸を統治した清の宮廷では、さまざまな書画が制作、鑑賞されました。 順治帝(じゅんちてい、1638~61、在位1643~61)、康熙帝(こうきてい、1654~1722、在位1661~1722)など、歴代の皇帝は書画もたしなみ、臣下にあたえることもありました。また、乾隆帝(けんりゅうてい、1711~99、在位1735~96)の皇子たちのなかには画家として活躍した親王もいます。 彼らをとりまく廷臣(ていしん)たちの多くも書画にたくみでした。清の前の王朝である明に仕えた士大夫(したいふ)のなかには、その書画の才能を清の宮廷でも発揮した者もいます。二つの王朝に仕えることをよしとしない中国の伝統的価値観から、「弐臣(じしん)」と批判されることもあった彼らですが、現在の目からみれば作品の優れた価値は明らかです。 また、清の統治下で連綿と行なわれた科挙(かきょ)により、全国各地から、優れた人材が高官として続々と登用されました。清朝高官ののこした書画作品は、宮廷における正統的、理知的な書風、画風の好みを今に伝えています。 栄華を誇った大清帝国の、多彩な宮廷書画文化をお楽しみください。

5階

 『中国の漆工』の画像 
9室  2022年4月5日(火) ~ 2022年7月3日(日)

中国漆工は新石器時代にさかのぼる古い歴史をもち、その装飾技法として、塗り重ねた漆を彫刻する彫漆、貝殻を成形して器体に貼付する螺鈿、漆器に文様を彫って金箔を充填する鎗金、文様部に色漆を施して線彫りの輪郭をほどこす存星などがあります。その文様にも、山水・花鳥・楼閣人物といった絵画的文様や、唐草文が抽象的に発達した屈輪文のほか、黒漆や朱漆を塗るばかりで器形を美しく表現する無文漆器など多種多様なものがあります。今回は宋から元時代の無文漆器、元から清時代の螺鈿・屈輪文漆器を紹介します。

 『清時代の工芸』の画像 
9室  2022年4月5日(火) ~ 2022年7月3日(日)

中国・清時代にはさまざまな材質・技法の工芸品がつくられました。それらはいずれも精緻な技巧と清雅な作風に特色があります。今回の展示では清時代につくられた各種の工芸の中から、ガラス工芸および玉器を展示します。

 『朝鮮の磨製石器と金属器』の画像 
10室  2022年5月24日(火) ~ 2022年11月20日(日)

朝鮮半島の青銅器時代・初期鉄器時代の作品を中心に、朝鮮半島の考古資料を展示します。石製や青銅製の武器、高度な鋳造技術によって作られた獣文飾板などにより、朝鮮半島に有力者が成長していく様を示しています。また、漢文化の影響を色濃く反映した銅鏡や緑釉の模型などを紹介します。

 『朝鮮の王たちの興亡』の画像 
10室  2022年5月24日(火) ~ 2022年11月20日(日)

朝鮮半島の三国時代に、各地の有力者が覇を競った様を装身具・武器・馬具などを通じて概観します。青銅器時代に各地に生まれた有力者たちは、北の高句麗、西南の百済、東南の新羅、南の加耶諸国(~562年)という勢力にまとまり、それらは金・銀・銅・鉄・ガラス・ヒスイなどの素材を駆使し、それぞれに地域性豊かな装身具、武器、馬具、土器、瓦などを生産しました。今回は、王たちの武威を示す大刀や武具など、当館を代表する朝鮮考古資料を紹介します。また、高麗時代の重臣である崔忠献の墓誌を展示します。

 『朝鮮の陶磁』の画像 
10室  2022年5月24日(火) ~ 2022年11月20日(日)

原三国時代から朝鮮時代までの陶磁史を概観します。朝鮮半島では原三国時代に楽浪の影響を受けて製陶技術が発達し、三国時代には各地で覇を競う有力者の成長と相俟って、地域ごとに多様な形態の土器が作られるようになりました。やがて高麗時代には中国の影響のもとに青磁の生産が始まり、独自の様式が完成します。続く朝鮮時代になると粉青沙器や白磁など多様な陶磁器が焼かれるようになります。
今回の展示では、三国時代においては梁山夫婦塚出土の土器のほか、各地の特徴的な土器を取り上げます。高麗時代以降の陶磁器は、明治期以降の収集の歴史をたどり、コレクションの性格と研究史の進展がわかる展示をおこないます。

 『朝鮮の仏教美術』の画像 
10室  2022年4月12日(火) ~ 2022年10月10日(月)

朝鮮半島に仏教が伝わったのは、三国時代の4世紀から5世紀です。ここでは、主に三国時代から統一新羅、高麗時代の金銅仏、瓦磚、仏具を展示します。また、今回の展示では統一新羅時代から朝鮮時代それぞれの時期の舎利容器や高麗時代の銅鏡を紹介します。

 『朝鮮時代の美術』の画像 
10室  2022年4月12日(火) ~ 2022年7月18日(月)

朝鮮王朝時代の両班階級の人々の生活文化を紹介します。壁面ケースでは文人の書斎を飾った書架とトンダリと呼ばれる軍服、また女性が過ごす部屋、アンバンをイメージして衣裳などを入れるパンダジと銘々膳を展示します。独立ケースでは文房具と金属製の食器、パンサンギを紹介します。

地下

 『クメールの彫刻』の画像 
11室  2022年4月5日(火) ~ 2023年4月9日(日)

現在のカンボジアにおいて、9世紀初頭から600年余り続いたアンコール王朝の時代には、クメール族による独特の美術様式が完成しました。中でも11世紀末から12世紀にかけて造られたアンコール・ワットがその最盛期です。この部屋では10~13世紀にアンコールの寺院を飾った仏教およびヒンドゥー教の彫像、浮彫の建築装飾をはじめとする石造彫刻を展示します。いずれも第2次世界大戦中におこなわれた、フランス極東学院との交換品です。

 『東南アジアの金銅像』の画像 
12室  2022年4月5日(火) ~ 2023年4月9日(日)

インドシナ半島やインドネシアでは、古代よりインドの影響を受けて仏教やヒンドゥー教の彫像が数多く制作されました。それらはいずれも地域特有の発展をとげ、独自の美術様式が花開きました。ここでは、インドネシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの仏教像、ヒンドゥー教像を、金銅像を中心に展示します。

 『インド・東南アジアの考古』の画像 
12室  2022年4月5日(火) ~ 2023年4月9日(日)

60万年以上前に遡る前期旧石器時代の楔形石器や、インダス文明滅亡後の前2千年紀に栄えた埋蔵銅器文化の銅器はいずれもインドからもたらされた希少な考古資料です。これらの展示を通してインドの先史時代と古代の文化を紹介します。
また、タイ北東部のバンチェン地方ではおもに前3~後2世紀に武器や装身具を主体とする青銅器の文化が栄えました。当館が収蔵する500点以上のバンチェン出土品から選りすぐった優品を中心に、東南アジア各地からもたらされた多様な考古資料を一堂に集めて展示します。

 『東南アジアの陶磁』の画像 
12室  2022年4月5日(火) ~ 2022年7月31日(日)

東京国立博物館が所蔵する実業家岡野繁蔵旧蔵品を中心に、東南アジアのカンボジア、タイ、ベトナムでつくられた陶磁器を紹介します。また、クメールでつくられた独特な器形が特徴的な金属器もとりあげます。

 『アジアの染織 インドネシアの染織』の画像 
13室  2022年6月28日(火) ~ 2022年9月19日(月)

多くの島々からなるインドネシアでは、各地域・部族で独自の染織文化を営んできました。チャンティンやチャップと呼ばれる金属製の筒や型で蝋防染を施し、繊細な文様を染め出すバティックをはじめ、儀礼用の浮紋織やイカットなど、用いられた技法・文様ともにその種類はさまざまです。本展では、19世紀から20世紀にかけて製作された染織品を、地域ごとに展示し、インドネシアの多様な織りと染めの世界を、作品の用途とともに紹介します。 

 『インドの細密画 ヒンドゥー教系の画派による肖像画』の画像 
13室  2022年6月7日(火) ~ 2022年7月3日(日)

インドでは、インド神話や、シヴァ神、ヴィシュヌ神などのヒンドゥー教の神々、王の肖像や歴史的なエピソード、男女の恋愛などさまざまなテーマを緻密なタッチと鮮やかな色彩で描いた、細密画とよばれる絵画のジャンルが発達しました。今回の展示では、ヒンドゥー教系の画派による肖像画を紹介します。

 『アジアの民族文化  台湾パイワン族の生活文化』の画像 
13室  2022年5月10日(火) ~ 2022年7月31日(日)

台湾の人口は中国大陸から移り住んだ漢族のほかに、古来この地に住む16の民族で構成されています。そのうち、台湾南部に暮らすパイワン族は貴族階級と平民階級から構成される世襲的階級社会を営みます。
本展示では、そのようなパイワン族の生活文化に関わる衣類や道具類を紹介します。貴族階級の先祖として崇拝されている百歩蛇は、噛まれたら百歩歩くうちに落命するというもので、工芸品の意匠として見受けられます。また貴族階級のなかでも最上級の頭目に限って雲豹の毛皮を着用することができました。社会的あるいは精神的な意味が込められたパイワン族の工芸品をご覧ください。