特別展

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、顔真卿の人物や書の本質に迫ります。また、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証します。

特別展

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」 

本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。東寺講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝をご堪能ください。

イベント

博物館に初もうで

新年恒例となる「博物館に初もうで」。トーハクのお正月の定番となった国宝「松林図屛風」が、このお正月2年ぶりに本館で展示します。その他にもお正月ならではの名品と、新年の干支「亥」をテーマにした作品で皆様のご来館をお待ちしております。

特集

王羲之書法の残影―唐時代への道程―

書法が最高潮に到達した東晋時代と唐時代。なかでも書を芸術に高めた王羲之の存在は大きく、南北朝を通して隋に受け継がれました。王羲之の書を継承する流麗な南朝の書と、異民族による個性的な北朝の書が、相互に影響を与え合いながら発展した南北朝時代の書を概観し、隋の統一によって美しい楷書が生まれるまでの流れをご紹介します。

特集

大判と小判

金は洋の東西を問わず富と財貨の象徴でした。日本では国内通用の金貨として規格化されたのは意外に遅く、豊臣秀吉が天正年間に製造させた延金に始まります。本特集では、発行当時世界最大の金貨であった天正長大判をはじめ、江戸時代の大判小判を一堂に展示し、江戸時代の貨幣鋳造の歴史を当館収蔵品で辿ります。

特集

白磁の誕生と展開

本特集では、中国北朝から隋、初唐にかけて、華北地方において白磁がいかに誕生し、展開したのかという問題をとりあげ、東京国立博物館所蔵品、および公益財団法人常盤山文庫所蔵品のなかから、貴重な作品を選りすぐり展観します。

特別展

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

特別展

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」 

イベント

博物館に初もうで

特集

王羲之書法の残影―唐時代への道程―

特集

大判と小判

特集

白磁の誕生と展開

特別展
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

平成館 特別展示室 2019年1月16日(水)~2019年2月24日(日)

書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、顔真卿の人物や書の本質に迫ります。また、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証します。

特別展
特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」 

予告特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」 

平成館 特別展示室 2019年3月26日(火)~2019年6月2日(日)

本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。東寺講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝をご堪能ください。

イベント
イベント
博物館に初もうで

博物館に初もうで

2019年1月2日(水)~2019年1月27日(日)

新年恒例となる「博物館に初もうで」。トーハクのお正月の定番となった国宝「松林図屛風」が、このお正月2年ぶりに本館で展示します。その他にもお正月ならではの名品と、新年の干支「亥」をテーマにした作品で皆様のご来館をお待ちしております。

特集
特集
王羲之書法の残影―唐時代への道程―

王羲之書法の残影―唐時代への道程―

東洋館8室 2019年1月2日(水)~2019年3月3日(日)

書法が最高潮に到達した東晋時代と唐時代。なかでも書を芸術に高めた王羲之の存在は大きく、南北朝を通して隋に受け継がれました。王羲之の書を継承する流麗な南朝の書と、異民族による個性的な北朝の書が、相互に影響を与え合いながら発展した南北朝時代の書を概観し、隋の統一によって美しい楷書が生まれるまでの流れをご紹介します。

特集
特集
大判と小判

大判と小判

本館14室 2019年1月2日(水)~2019年2月3日(日)

金は洋の東西を問わず富と財貨の象徴でした。日本では国内通用の金貨として規格化されたのは意外に遅く、豊臣秀吉が天正年間に製造させた延金に始まります。本特集では、発行当時世界最大の金貨であった天正長大判をはじめ、江戸時代の大判小判を一堂に展示し、江戸時代の貨幣鋳造の歴史を当館収蔵品で辿ります。

特集
特集
白磁の誕生と展開

白磁の誕生と展開

東洋館 5室 2019年1月2日(水)~2019年4月21日(日)

本特集では、中国北朝から隋、初唐にかけて、華北地方において白磁がいかに誕生し、展開したのかという問題をとりあげ、東京国立博物館所蔵品、および公益財団法人常盤山文庫所蔵品のなかから、貴重な作品を選りすぐり展観します。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

ブログ最新記事

イノシシ 勢いのある年に

こんにちは、ユリノキちゃんです! ほほーい! ぼくトーハクくん!  今日は本館特別1室・特別2室で開催中の、特集「...

特集「大判と小判」について

新年明けましておめでとうございます。 本年もトーハクは、「 博物館に初もうで...

2019年 新年のご挨拶

2019年、平成最後のお正月を迎え、つつしんでお慶び申し上げます。 今年もトーハクは2日から開館、恒例の新春企画「 博物館で初もうで...

NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。