TOP
 >> 東博について
 >> 会員制度、寄附・寄贈

会員制度、寄附・寄贈

個人向け会員制度(賛助会、友の会、パスポート、ベーシック、ニュース会員、メール会員)
団体向け会員制度(賛助会、キャンパスメンバーズ)
寄附・寄贈

 

会員制度

東京国立博物館では、常に貴重な文化財を公開し、それに関連した催し物などを行っています。春と秋に開放する庭園では、季節の彩りをお楽しみいただけます。年に何回訪れても、そのたびに新たな感動に出会えることでしょう。1人でも多くの方に、当館をもっと身近に感じていただけるよう、さまざまな特典をご用意した会員制度を設けています。皆様のご入会をお待ちしております。

 

個人向け会員制度

賛助会(個人)

東京国立博物館の運営の趣旨にご賛同いただける方向けの寄附会員制度です。ご寄附いただいた浄財は、文化財の購入、修理、教育などの博物館事業に充てられます(年1回の感謝会でご報告します)。金額に応じて、ご寄附いただいた方への感謝の気持ちとして様々な特典を用意しております。寄附金控除の対象となります。

 

友の会

リピーターの方、イベントや食事も楽しみたい方におすすめの会員制度です。総合文化展は何度でも、特別展は計12回までご覧いただけるほか、東京国立博物館ニュースの定期郵送や、博物館でのイベントチケットの割引、ミュージアムショップ・レストランでの割引などをご利用いただけます。

パスポート、ベーシック

パスポートは特別展を中心に来館されている方におすすめです。総合文化展を何度でもご覧いただけるほか、お好きな6つの特別展を1回ずつご覧いただけます。
ベーシックは総合文化展を中心に来館されている方にお得な制度です。総合文化展は何度でもご覧いただけます。パスポート、ベーシックともに、900円の追加料金で「博物館ニュース」を年6回郵送にてお届けします。

ニュース会員(「東京国立博物館ニュース」の定期購読)

ニュース会員
(「東京国立博物館ニュース」の定期購読)

「東京国立博物館ニュース」は、当館の展示情報から裏側まで紹介する広報誌です。地方にお住まいでもトーハクの情報を知りたい、どんな展示や催しがあるのか事前にチェックをしたいという方におすすめです。お申込みの方には年6回郵送でお届けします。

メール会員(メールマガジンの定期購読)

トーハクの最新情報を定期的にお届けします。隔週月曜日に配信しています。

 

各会員制度の特典については「個人向け会員制度対照表」をご覧ください。

個人向け会員制度対照表PDF, 57KB)

トップへ

団体向け会員制度

賛助会(団体)

東京国立博物館の運営の趣旨にご賛同いただける方向けの寄附会員制度です。ご寄附いただいた浄財は、文化財の購入、修理などの博物館事業に充てられます(年1回の感謝会でご報告します)。損金算入の対象となります。

 

キャンパスメンバーズ

学生の皆様により博物館に親しんでいただくことを目的とした学校向け会員制度です。キャンパスメンバーズ会員校に在籍する学生および教員の皆様は、総合文化展を無料で何度でも観覧いただけます。また、学生の皆様は特別展の割引や、会員校対象の博物館セミナーに参加することもできます。

トップへ

寄附・寄贈

寄附

東京国立博物館では、文化財の購入・展示・保護、その基盤となる調査研究や教育普及活動等の充実・発展を図るため、個人・団体を問わず広く寄附を募集しております。また、本館エントランス、本館17室、平成館エントランスに募金箱を設置しておりますので、ご来館時には是非、ご厚志をよろしくお願いします。 いただいた寄附につきましては、趣旨を踏まえ大切に活用させていただきます。
皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

博物館事業へのご寄附について
遺贈による寄附について

 

寄贈

東京国立博物館では、日本と東洋の貴重な文化財の収集・保管・展示・調査研究を行っています。
明治5年(1872)の創立以来、3000人を超える所蔵者の方から貴重な文化財をご寄贈いただき、当館で保管・活用させていただいています。そのご厚志を顕彰するため、寄贈者顕彰パネル(平成館1階)にて寄贈者の方々のご芳名を紹介させていただいております。ご寄贈いただいた文化財は展示などによって広く公開するとともに、適正な環境で保管し守り続けていきます。

寄贈についてのお問合せ

東京国立博物館 列品管理課 登録室
電話番号:03-3822-1111(代表)
(土・日曜日および祝休日、年末年始を除く 9時30分~17時00分)

 

東日本大震災被災文化財の救援募金

東日本大震災では、津波により貴重な文化財が大きな被害を受けました。東京国立博物館では、国や県等の要請を受け、文化財の救出活動を行ってまいりました。今後も専門機関として、国や県等からの要請を踏まえ、文化財の搬出・保管・修理等に尽力してまいります。ご協力いただいた募金は、この活動に活用させていただきます。
皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

東日本大震災被災文化財の救援募金について

トップへ