TOP
 >> 蓬莱山蒔絵袈裟箱(ほうらいさんまきえけさばこ) 

蓬莱山蒔絵袈裟箱(ほうらいさんまきえけさばこ) 

  
1口
木製漆塗
縦50.4 横41.8 高5.5
平安時代
12世紀
重文
N69
法隆寺献納宝物
 
画面中央に蓬莱山を背負った大亀が波上を進む図を描き,その上方に松喰鶴を配する。蓬莱思想の世界を表現した図柄である。文様は金と銀の研出蒔絵で描くが,粉の蒔き方に疎密をつけ,また金から銀へと蒔き暈すなど,画面に変化をつける工夫を凝らす。平安後期の蒔絵技法の特色がよくあらわれた作品である。