このページの本文へ移動

パシェリエンプタハのミイラ(ぱしぇりえんぷたはのみいら) 

 『パシェリエンプタハのミイラ(ぱしぇりえんぷたはのみいら)』の画像 
1体
カルトナージュ棺入り
エジプト・テーベ出土
長166.7
第22王朝
前945-前730年頃
TJ1835
エジプト考古庁寄贈
拡大して表示 別の画像を表示
2024/01/02から2024/03/17まで東洋館 3室で展示
 
亜麻布を貼り併せたカルトナージュ棺に入っている。明治37年に当館の前身,帝室博物館に,エジプト考古庁長官であったガストン・マスペロによって寄贈されたもの。直後に棺は切開され,現状の「身」と「蓋」に分けられた。棺表面にかけられた真っ黒な液体で,大半が見えなくなっているが,神々の像や銘文が彩色で描かれている。死者の名前は「アンクムートの息子,パシェリエンプタハ」と解読されている。黒い物質が付着した棺は他にもいくつか知られているが,目的はいまだに謎である。