TOP
 >> 資料館利用案内

資料館利用案内

東京国立博物館資料館は、1872年(明治5年)の博物館の創設以来、博物館が収集・保管してきた写真・図書などの学術資料を、研究者を中心に広く公開する施設として、1984年(昭和59年)2月1日に開館しました。

現在、資料館で所蔵している資料は、図書資料と写真資料に大別されます。
図書資料は、日本・東洋の美術・工芸、歴史・考古分野を中心に、和・漢・洋書、展覧会カタログ、埋蔵文化財の発掘調査報告書などの図書約25万冊、雑誌約7000タイトルを所蔵しています。
写真資料は、東京国立博物館の館蔵品を中心とした文化財の写真原板及びデジタル画像約40万件を収蔵しています。デジタル化した画像情報は、インターネットで公開している他、焼付写真を貼付した写真カードを閲覧室のキャビネットに配架しています。

資料館では、資料の閲覧、複写サービス、レファレンスサービス等を行っています。どなたでもご利用いただけます。博物館の展示エリアの休館日とは異なりますので、ご注意ください。


資料館 資料館 資料館

 

2017年5月『東京国立博物館資料館 調べ方ガイド 4 展覧会・展覧会カタログ』を追加しました。
資料館閲覧カウンターで配布しています。
また下記からPDF版をダウンロードできます。
東京国立博物館資料館 調べ方ガイド 1 日本の国宝・重要文化財』(PDF, 240KB)
東京国立博物館資料館 調べ方ガイド 2 図書・雑誌を探す』(PDF, 180KB)
東京国立博物館資料館 調べ方ガイド 3 雑誌記事・論文を探す』(PDF, 102KB)
東京国立博物館資料館 調べ方ガイド 4 展覧会・展覧会カタログを探す』(PDF, 302KB)

2017年4月「国立国会図書館デジタル化資料送信サービス」の提供を開始しました。
国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、インターネット公開されておらず、絶版等の理由で入手困難な資料について、東京国立博物館資料館の専用PCで 閲覧・複写ができるサービスの利用を4月3日(月)より開始しました。図書・古典籍・雑誌など約149万点の資料が利用できます。調査・研究の際にご活用 ください。

2016年9月 「図書・雑誌」と「雑誌記事・論文」の調べ方ガイドを追加しました。
2016年8月 国宝・重要文化財の調べ方ガイドを更新しました。

 

利用案内

開館日

月曜日~金曜日
開館カレンダー
(注)博物館の展示エリアの開館日とは異なりますので、ご注意ください。

開館時間

9時30分~17時00分
(注)博物館の展示エリアの開館時間とは異なりますので、ご注意ください。

図書請求・コピー受付時間

9時30分~16時00分

休館日

土曜日・日曜日・祝休日・ 毎月の末日(末日が土、日、祝休日にあたる時はその前日)・年末年始
(注)博物館の展示エリアの休館日とは異なりますので、ご注意ください。その他臨時に休館することがあります。

入館方法

  • 資料館のみをご利用になる方
    (注)西門をご利用ください。入館料は不要ですが展示エリアへ行くことはできません。
    ・西門で入館証ホルダーと、資料館利用票を受け取り、入館証ホルダーは首から掛けて着用してください。
    ・資料館正面よりお入りください。
    ・エントランスホールのロッカーに荷物を預けてから閲覧室にお入りください。
    ・閲覧受付カウンターで入館証を提示して、資料館利用票をカウンターにお預けください。
    ・退出の際は、カウンターで資料館利用票を受け取り、入館証ホルダーとともに西門に返却してください。

 

  • 正門プラザから入館後、資料館もご利用になる方
    (注)構内の案内図をご覧になり、資料館東口よりお入りください。
    ・エントランスホールのロッカーに荷物を預けてから閲覧室にお入りください。
    ・閲覧受付カウンターでバッジを受け取って着用してください。
    ・ご利用の後は、ロッカーの荷物を出してから、閲覧受付カウンターでバッジを返却し、カウンター脇の通路を通って、ガラスドアより退出してください。(展示エリアにお戻りください。)

周辺地図
入館経路PDF、109KB)
フロアマップ

 

 

図書資料

閲覧

閲覧は館内に限ります。館外貸出しは行っておりません。資料は開架と閉架に分かれています。

  • 開架図書

参考図書、一般図書、大型図録、雑誌のバックナンバー、当館刊行物や新着資料(図書・雑誌・展覧会カタログ)等を閲覧室に開架しています。ご自由にご覧ください。ご利用後は元の場所にお戻しください。

 

  • 閉架図書

ご利用の際は、閲覧室内のOPAC(図書検索)端末より「出庫請求票」を印刷して、閲覧受付カウンターに請求してください。1回に5件まで請求できます。

受付時間:
9時30分~16時00分

(注)資料の状態などにより閲覧をお断りすることもあります。
(注)売立目録、博覧会関係文献資料などは原本の保護のため、マイクロフィルムで閲覧していただきます。
 

  • 貴重図書(保存上その他の理由により特に指定するもの)

・申込方法
貴重書の閲覧については、事前申込が必要です。図書検索(OPAC)の詳細表示画面に「閲覧には事前申込が必要です。」と表示されている資料について、閲覧を希望される方は、閲覧受付へお問い合わせください。

提出書類:
「貴重図書閲覧申込書」
送付先・連絡先:
〒110-8719 東京都台東区上野公園13-9
東京国立博物館資料館閲覧受付
TEL 03-3822-1111(内線 2325) FAX  03-3822-1116
メール lib-ref@ この後ろに“es.tnm.jp”を付け加えてください。

・閲覧
資料館閲覧受付カウンターにて「貴重図書閲覧申込書」の控えまたは、閲覧受付からの回答をご提示ください。

閲覧場所:
資料館1階特別閲覧室


・貴重図書の複写・掲載
貴重図書は、コピー機による複写ができません。
複写をご希望になる方は、資料館閲覧受付にお問い合わせください。
東京国立博物館研究情報アーカイブズなどで公開しているデジタル画像をご利用になりたい場合は、「デジタルコンテンツの利用について」をご覧の上、東京国立博物館資料館画像利用受付カウンターへお問い合わせください。

 

図書の検索

資料館内に検索用端末を4台設置しています。

図書検索 (OPAC)

・ 「図書・雑誌検索」では、収蔵する図書と雑誌が検索できます。
・ 「論文検索」では、東京国立博物館刊行の『Museum』、『東京国立博物館紀要』、東京国立博物館開催の展覧会カタログ(戦後刊行分)、およびその他の東京国立博物館刊行物(の一部)に掲載されている論文が、論文タイトルや執筆者から検索できます。

・検索方法のご案内 (2017.5改定)

1.図書・雑誌の検索方法 (PDF, 2MB)
2.論文・列品番号の検索方法 (PDF, 1,3MB)
3.図書・雑誌の請求 (PDF, 312KB)

 

ALC美術図書館横断検索

美術館・博物館の図書を横断検索できるALC美術図書館横断検索に加盟しています。
東京国立近代美術館、国立新美術館、東京都現代美術館、横浜美術館、国立西洋美術館、東京都写真美術館、東京国立博物館、江戸東京博物館、神奈川県立近代美術館の蔵書を横断的に検索できます。

 

資料館収蔵資料紹介コーナーについて

2009年7月より所蔵資料紹介コーナーを開設し、順次資料を紹介しています。

所蔵資料紹介コーナー 最新情報 : 「第25回 戦前の展覧会の目録・図録

 

特別展関連図書コーナーについて

2009年3月より特別展の開催に合わせて、閲覧室内に特別展関連図書コーナーを設けています。
特別展に関連する図書・雑誌等を蔵書の中から選び、本コーナーに集めてご覧いただけるようにしています。
お気軽にご利用ください。
※コーナー設置期間は、会期中および終了後2週間までです。

 

特別展関連図書コーナー 最新情報
日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」

 

 

写真資料

写真カードの閲覧

焼付写真を貼付した写真カード約28万枚を、ジャンルや時代毎に分類し閲覧室のキャビネットに配列しています。自由にご覧いただけます。

  • 写真カードの区分(カラー・モノクロ別)

絵画/書跡/彫刻/金工/刀剣/陶磁/染織/漆工/法隆寺献納宝物/考古/歴史資料

探し方がわからない場合は閲覧受付カウンターにおたずねください。
閲覧後のカードはカウンターにご返却ください。

画像の検索・閲覧

所蔵する画像資料を公開しています。

  • 画像検索(資料館内)

資料館内でご利用いただけます。 東京国立博物館の所蔵品以外の文化財の画像も検索することができます。

東京国立博物館が所蔵する文化財の画像をインターネットで検索することができます。

資料館内でご利用いただけます。 東京国立博物館の所蔵品以外の文化財の画像も検索することができます。

ドイツの医学・動物学者シーボルトが2度目に来日した際に携行・収集した洋書を資料館で所蔵しています。2014年度・2015年度図書館振興財団の助成を受けて資料の修理とデジタル撮影を行い、2015年4月にデジタルアーカイブの公開を開始しました。

研究情報アーカイブズ内のデータベース一覧(上記を含む)
 

画像の利用について

所蔵する画像資料について、複製物(デジタルデータ)の貸出等、画像の提供を行なっています。詳しくは「デジタルコンテンツの利用について」をご覧ください。
 

 

その他の資料

受付時間:
9時30分~16時00分

マイクロフィルム

・ 資料館内備付の「マイクロフィルム目録」(冊子体)をご覧ください。
・ 「資料閲覧申込票」に必要事項(請求記号、フィルム番号、資料名等)を記入して、閲覧受付カウンターに請求してください。
・ 1回に5件まで請求できます。
・ 特別閲覧室のマイクロリーダーでご覧ください。

和古書(マイクロフィルム)の閲覧

・ 和古書はマイクロフィルムで閲覧していただきます。
・ 「東京国立博物館蔵書目録1・2」で資料の請求記号を先にお調べいただき、備付の「マイクロフィルム目録」(冊子体)をご覧ください。
・ 調査、研究、出版等で必要な文献でマイクロフィルムでの撮影がされていない資料については、当館列品課にお問い合わせください。
(注)和古書の一部は、東京国立博物館研究情報アーカイブズ内のデジタルライブラリーでも公開しています。
(注)売立目録、博覧会関係文献資料などもマイクロフィルムで閲覧していただきます。OPACの図書情報詳細画面に表示されているMから始まる4桁の数字が、マイクロフィルムの請求番号です。こちらが表示されているものは、マイクロフィルムをご覧ください。

視聴覚資料

閲覧室に視聴覚資料コーナーを設け、ビデオ、DVDなどを公開しています。
ご覧になりたい方は、閲覧受付カウンターにおたずねください。資料はOPACで検索できます。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料を、全国の公共図書館・大学図書等(国立国会図書館の承認を受けた図書館に限る)の館内で利用できるサービスです。2017年4月より資料館でご利用できるようになりました。

  • 対象資料

国立国会図書館デジタルコレクションでご確認いただけます
公開範囲が「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」となっている資料です
「図書館送信資料」にチェックを入れて検索することができます
国立国会図書館の案内ページでもご確認いただけます

  • 利用場所

資料館1階 閲覧室視聴覚コーナー(専用端末1台)

  • 利用できる方

「デジタル化資料送信サービス利用者登録票」をお持ちの方は、どなたでもご利用いただけます。
初回に利用者登録を行いますので、身分証明書をご用意の上、閲覧受付カウンターへお申し出ください。

  • 閲覧

閲覧受付カウンターにて、「デジタル化資料送信サービス利用者登録票」をご提示ください。
専用端末で閲覧スタッフによるログイン後、ご利用いただけます。
デジタル画像のダウンロードや保存、カメラ等での撮影はできません。
他の利用希望者がおられる場合は1時間をめどに交代していただきます。

  • 複写

公開範囲が「国立国会図書館/図書館送信参加館内公開」である資料について、著作権法の範囲内で複写(画像の印刷)できます。
(「インターネット公開」の資料はインターネットに接続されているPC等で自由にご覧いただけます)。
複写は閲覧受付のスタッフが行います。
「デジタル化資料送信サービス 複写申込書」に、複写希望資料の書誌事項やコマ番号をご記入の上、閲覧受付カウンターにご提出ください。
セルフコピー、カメラでの撮影、スキャン画像の保存等はできません。

料  金:
モノクロ 1枚30円 ・ カラー 1枚100円

 

 

複写サービス

閲覧公開中の資料について、調査研究を目的とする個人を対象に、著作権法の定める範囲で複写サービスを行っています。

受付時間:
9時30分~16時00分
料  金:
モノクロ 1枚30円 ・ カラー 1枚100円

(注)1回の申込は25枚以内、1日の申込は100枚までとします。
(注)他のコピー希望者がある場合は、1回毎の申込のあとお待ちいただくことがあります。
(注)機器の使用方法については閲覧受付カウンターにお尋ねください。

複写サービスの種類と手続き

A コピー

  • 対象資料

・図書資料・写真資料(写真カード)
図書資料は、資料の形状や状態によっては対応できないものもあります。写真資料も一部対応できないものがあります。

  • 手続き

1.「資料複写申込書」に必要事項を記入してください。
2.複写を希望する箇所の始めと終わりのページにしおりをはさんでください。
   (しおりの端が本の下側へ出るようにしてください。)
3.しおりをはさんだ資料と申込書を閲覧受付カウンターにお持ちください。
4.スタッフが確認後、セルフコピーができる場合はコピー機のご案内をいたします。
   A4サイズを超える大型本など資料の形態や状態によって、スタッフがフェイスアップ方式のコピー機でコピーをいたします。
5.コピーが終わりましたら、閲覧受付カウンターにお越しください。
   スタッフがコピーを行った場合は、資料と複製物をお渡しします。

B マイクロフィルムからの印刷

  • 対象資料

・マイクロフィルム

  • 手続き

1.閲覧受付カウンターでマイクロリーダープリンターのカウンターを受け取ってください。
2.特別閲覧室に設置しているリーダープリンターでプリントを行い、「資料複写申込書」をご記入ください。
3.コピーが終わりましたら、申込書とマイクロリーダープリンターのカウンター、資料を閲覧受付カウンターへご返却ください。

C 電子情報の印刷出力

  • 対象資料

・東京国立博物館研究情報アーカイブズ内で公開しているデジタル画像や、東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jp で公開しているテキスト・画像等
・CD-ROM等(対応できないものもあります。)

  • 手続き

1.東京国立博物館研究情報アーカイブズ内で公開しているデジタル画像や、東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jpで公開しているテキスト・画像等は、閲覧室の専用PCで閲覧していただきます。ご自身でプリントを行い、「資料複写申込書」にご記入ください。
2.CD-ROM等は特別閲覧室に設置している専用PCをご利用いただきます。ご自身でプリントを行い、「資料複写申込書」にご記入ください。ご利用の際は、閲覧覧受付カウンターにお越しください。
3.印刷が終わりましたら、申込書と資料(CD-ROM等の場合)を閲覧受付カウンターへご返却ください。

料金の支払い

閲覧カウンターで料金をお支払いください。(料金 モノクロ 1枚30円 ・ カラー 1枚100円)

(注)利用される方は小銭のご用意をお願いします。
(注)プリンターの不調によるものをのぞき、ミスコピーの料金についても利用者が負担していただきますのでご注意ください。
(注)両面コピーの場合も片面1枚ずつ料金が発生します。

 
 

レファレンス・サービス

資料の探し方や閲覧室の利用方法など、ご遠慮なく閲覧受付カウンターにおたずねください。また、お電話やFAXでのお問い合わせも受け付けておりますので、ご利用ください。

お問合せ

東京国立博物館資料館 情報資料室
電話番号:03-3822-1111 (内線2324・内線2325) 
ファックス:03-3822-1116
受付時間:平日 9時30分~17時00分

 

来館される方へのお願い

・ 資料は大切に扱ってください。
・ 筆記具は鉛筆、シャープペンシルに限ります。
・ 閲覧室内での飲食はできません。
・ 資料館内は禁煙です。
・ バッグ類の持ち込みはできません。ロッカーにお預けください。ロッカーは使用時に100円が必要ですが、使用後に戻ります。特に大きなものは、受付でお預かりします。ビニールバックが必要な方はお貸しします。
・ ノートパソコンの持ち込みはできますが、インターネット接続はできません。使用は、指定した場所でお願いします。
・ デジタルカメラ等による資料の撮影はお断りします。
・ 他の利用者の迷惑になるような行為は慎んでくださるようお願いいたします。