特別展

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

特別展

特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」

特別展

特別展「きもの KIMONO」

特集

生誕550年記念 文徴明とその時代

特集

伝説の面打たち

イベント

博物館でお花見を

特別展
日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

平成館 特別展示室 2020年1月15日(水)~2020年3月8日(日)

令和2年(2020)は、我が国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(720)から1300年という記念すべき年です。
「幽」と「顕」を象徴する地、島根県と奈良県が当館と共同で展覧会を開催し、出雲と大和の名品を一堂に集めて、古代日本の成立やその特質に迫ります。

特別展
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」

予告特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」

本館 特別4室・特別5室 2020年3月13日(金)~2020年5月10日(日)

「法隆寺金堂壁画」の優れた模写や、焼損後に再現された現在の壁画、そして日本古代彫刻の最高傑作の一つである国宝・百済観音など金堂ゆかりの諸仏を展示します。法隆寺金堂の美の世界を体感していただくとともに、文化財を保護し継承することの大切さを伝えていきます。

特別展
特別展「きもの KIMONO」

予告特別展「きもの KIMONO」

平成館 特別展示室 2020年4月14日(火)~2020年6月7日(日)

日本の美意識を色と模様に表した「きもの」。本展では800年以上を生き抜き、今なお新たなファッション・シーンを繰り広げる「きもの」を、現代を生きる日本文化の象徴として展覧し、その過去・現在・未来を見つめる機会とします。

特集
生誕550年記念 文徴明とその時代

生誕550年記念 文徴明とその時代

東洋館8室 2020年1月2日(木)~2020年3月1日(日)

令和2年(2020)は文徴明の生誕550年にあたることから、あらためて文徴明に焦点をあて、呉派をはじめとする明時代の中期に活躍した諸家の書画とともにその功績を顕彰します。台東区立書道博物館との連携企画第17弾です。

特集
伝説の面打たち

伝説の面打たち

本館 14室 2020年1月2日(木)~2020年2月24日(月)

「伝説上の面打の作」とされる能面は多く伝わりますが、あくまでも伝承として理解され、その造形的特徴と伝承作者との関係性に目が向くことは多くありません。作者の信憑性は不明ながら、当館に収蔵する伝説の面打の作とされる能面を並べ、比較します。CT調査によって得られた知見もあわせて紹介します。

イベント
博物館でお花見を

予告博物館でお花見を

2020年3月10日(火)~2020年4月5日(日)

令和になり初めて桜の季節がやってきました。トーハク春の恒例企画、「博物館でお花見を」を今年も開催します。本館の各展示室では、桜をモチーフにしたさまざまな日本美術の名品が咲き誇ります。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

ブログ最新記事

今年の夏は戯画【ギガ】アツイ!(後編)

2月13日(木)に報道発表会を実施した 特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」 。その見どころ 前編 を先日紹介しました。...

今年の夏は戯画【ギガ】アツイ!(前編)

皆様は春、夏、秋、冬どの季節がお好きですか? 桜舞い散る春ですか?あーー夏休みと聞こえてきそうな夏ですか?...

鐘路(チョンノ)のむかしと現在(いま)

ただいま平成館の企画展示室では、特集「 朝鮮王朝の宮廷文化...

NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。