特別展

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

フィラデルフィア美術館の所蔵品により、西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会です。もともと西洋とは異なった社会環境の中で作られた日本の美術の意味や価値観を浮かび上がらせて、日本の美の楽しみ方を新たに提案します。

特別展

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示いたします。

特別企画

日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」

本年は、日中平和友好条約の締結から40周年。これを記念し、中国・北京画院所蔵の斉白石の名品を一堂に展示します。本展では、斉白石の絵画、書と印を、また、斉白石の遺した画稿・日記・文具を通してその制作の源に迫り、斉白石の作品および人柄の魅力をご紹介します。

特集

京都御所 飛香舎(藤壺)の調度

安政度内裏(京都御所)の飛香舎で用いられた調度を紹介します。飛香舎は平安時代の内裏の後宮十二殿舎のひとつで、別名を藤壺ともいい、『源氏物語』などの古典にも名高いものです。

特集

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録記念 キリシタンの遺品

2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されました。当館が所蔵する、長崎奉行所がキリシタンから没収した信仰にかかわる遺品と弾圧に用いた踏絵などキリシタン関係資料と当時のヨーロッパで刊行された日本に関する書籍を展示します。

イベント

秋の庭園開放

本館北側の庭園を散策いただけます。
池に遊ぶ鴨や鶺鴒など野鳥のおとずれも楽しい季節です。秋の深まりとともに、黄色く燃え立つ銀杏、池の水面に鮮やかに映る楓など、秋のトーハクの景色をゆっくりお楽しみください。

特別展

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

特別展

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

特別企画

日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」

特集

京都御所 飛香舎(藤壺)の調度

特集

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録記念 キリシタンの遺品

イベント

秋の庭園開放

特別展
東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 「マルセル・デュシャンと日本美術」

平成館 特別展示室第1室・第2室 2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)

フィラデルフィア美術館の所蔵品により、西洋芸術の価値観を大きく揺るがしたマルセル・デュシャンの創作の軌跡を追い、「日本美術」と対置した展覧会です。もともと西洋とは異なった社会環境の中で作られた日本の美術の意味や価値観を浮かび上がらせて、日本の美の楽しみ方を新たに提案します。

特別展
特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

平成館 特別展示室第3・4室 2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)

大報恩寺の秘仏本尊で、快慶の弟子、行快作の釈迦如来坐像、快慶作の十大弟子立像、運慶の弟子筋にあたり、行快とほぼ同じ世代である肥後定慶作の六観音菩薩像など、大報恩寺に伝わる鎌倉彫刻の名品の数々を展示いたします。

特別企画
特別企画
日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」

日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」

東洋館 8室 2018年10月30日(火)~2018年12月25日(火)

本年は、日中平和友好条約の締結から40周年。これを記念し、中国・北京画院所蔵の斉白石の名品を一堂に展示します。本展では、斉白石の絵画、書と印を、また、斉白石の遺した画稿・日記・文具を通してその制作の源に迫り、斉白石の作品および人柄の魅力をご紹介します。

特集
特集
京都御所 飛香舎(藤壺)の調度

京都御所 飛香舎(藤壺)の調度

本館 14室 2018年10月2日(火)~2018年12月25日(火)

安政度内裏(京都御所)の飛香舎で用いられた調度を紹介します。飛香舎は平安時代の内裏の後宮十二殿舎のひとつで、別名を藤壺ともいい、『源氏物語』などの古典にも名高いものです。

特集
特集
 世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録記念 キリシタンの遺品

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録記念 キリシタンの遺品

本館 特別2室 2018年10月10日(水)~2018年12月2日(日)

2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されました。当館が所蔵する、長崎奉行所がキリシタンから没収した信仰にかかわる遺品と弾圧に用いた踏絵などキリシタン関係資料と当時のヨーロッパで刊行された日本に関する書籍を展示します。

イベント
イベント
秋の庭園開放

秋の庭園開放

庭園 2018年10月23日(火)~2018年12月2日(日)

本館北側の庭園を散策いただけます。
池に遊ぶ鴨や鶺鴒など野鳥のおとずれも楽しい季節です。秋の深まりとともに、黄色く燃え立つ銀杏、池の水面に鮮やかに映る楓など、秋のトーハクの景色をゆっくりお楽しみください。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

ブログ最新記事

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」の会場デザイン(2)

特別展「 マルセル・デュシャンと日本美術 」の展示デザインは東京国立博物館のデザイン室で行っています。...

特集「キリシタンの遺品」:踏絵のイメージソースを探して

こんにちは、絵画・彫刻室の鷲頭です。 今、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録記念  特集「キリシタンの遺品」...

六観音菩薩像のお背中、ついに公開

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」...

NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。