特別展

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵の発掘など空前の活況を呈しています。それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。

特別企画

奈良大和四寺のみほとけ

奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示します。

特集

やちむん―沖縄のやきもの

当館では、明治18年(1885)に沖縄県より購入したものや個人から寄贈を受けたものなど、およそ20件にのぼる沖縄のやきものを収蔵しています。その中心となるのは、那覇の中心部に位置する壺屋において色絵(上焼)生産が隆盛した19世紀の優品で、これらをまとめて紹介するのは初めてとなります。

親と子のギャラリー

日本のよろい!

むかしのよろいと、現代につくられたよろいの製作見本を展示し、その見どころや魅力をわかりやすく紹介します。日本のよろいがよくわかる、もっと好きになる展示です。

博物館でアジアの旅

LOVE♡アジア

今年の博物館でアジアの旅は、「愛」がテーマ。愛を題材とした多彩な作品をご紹介しながら、アジア各地の人々がいにしえより愛をどのようにとらえ、表現してきたのかを探ります。

特別企画

住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

日本の各地には多くの仏像が残っており、山間地などにひっそりとまつられる仏像からは それを大切にする地域の人たちの思いが伝わってきます。本展では、そのような仏像や、束日本大震災や能登半島地震で被災した仏像など大切に守り、伝えられてきた仏像をご覧いただきます。

特別展

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

特別企画

奈良大和四寺のみほとけ

特集

やちむん―沖縄のやきもの

親と子のギャラリー

日本のよろい!

博物館でアジアの旅

LOVE♡アジア

特別企画

住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

特別展
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

平成館 特別展示室 2019年7月9日(火)~2019年9月16日(月)

「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵の発掘など空前の活況を呈しています。それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。

特別企画
特別企画
奈良大和四寺のみほとけ

奈良大和四寺のみほとけ

本館 11室 2019年6月18日(火)~2019年9月23日(月)

奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示します。

特集
特集
やちむん―沖縄のやきもの

やちむん―沖縄のやきもの

本館 14室 2019年6月25日(火)~2019年9月16日(月)

当館では、明治18年(1885)に沖縄県より購入したものや個人から寄贈を受けたものなど、およそ20件にのぼる沖縄のやきものを収蔵しています。その中心となるのは、那覇の中心部に位置する壺屋において色絵(上焼)生産が隆盛した19世紀の優品で、これらをまとめて紹介するのは初めてとなります。

親と子のギャラリー
親と子のギャラリー
日本のよろい!

日本のよろい!

本館 特別2室 2019年7月17日(水)~2019年9月23日(月)

むかしのよろいと、現代につくられたよろいの製作見本を展示し、その見どころや魅力をわかりやすく紹介します。日本のよろいがよくわかる、もっと好きになる展示です。

博物館でアジアの旅
博物館でアジアの旅
LOVE♡アジア

予告LOVE♡アジア

東洋館 2019年9月10日(火)~2019年10月14日(月)

今年の博物館でアジアの旅は、「愛」がテーマ。愛を題材とした多彩な作品をご紹介しながら、アジア各地の人々がいにしえより愛をどのようにとらえ、表現してきたのかを探ります。

特別企画
特別企画
住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

予告住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

本館 特別4室・特別5室 2019年10月1日(火)~2019年12月1日(日)

日本の各地には多くの仏像が残っており、山間地などにひっそりとまつられる仏像からは それを大切にする地域の人たちの思いが伝わってきます。本展では、そのような仏像や、束日本大震災や能登半島地震で被災した仏像など大切に守り、伝えられてきた仏像をご覧いただきます。

通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館

ブログ最新記事

よろい着用体験!

親と子のギャラリー「 日本のよろい! 」(9月23日(月・祝)まで)は、もうご覧になりましたか?...

メタモルフォーゼする謎の「板光背」

こんにちは。1089ミステリーハンターの高橋です。...

三国志がはじまる背景に、農具あり!

展示されている三国志の時代の農具 左:犂(からすき) 右:鋤(すき)...

NHK World
Google Arts & Culture

東京国立博物館

●住所

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
JR上野駅公園口より徒歩10分
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

●観覧料

一般620(520)円,大学生410(310)円
※()内は20名以上の団体料金です。