焼き締め茶陶の美―備前・信楽・伊賀・丹波―

焼き締め茶陶の美―備前・信楽・伊賀・丹波―

本館 14室  2019年9月18日(水) ~ 2019年12月8日(日)

  
耳付花入 伊賀 江戸時代・17世紀

釉薬が掛けられない焼き締め陶は、平安時代末以来、壺、甕、擂鉢といった日用の器として、日本各地の窯で量産されました。室町時代後期にまず備前、信楽が国産の陶器としては初めて茶席に取り入れられ、続く安土桃山時代から江戸時代初期にかけて、茶陶としての創意が加えられたさまざまな作品が作られました。備前、信楽、伊賀、丹波で焼かれた焼き締めの茶陶を特集し、産地による個性の違いや、時代による作風の変遷をご覧いただきます。

展示作品リスト 22件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 重文 一重口水指 銘 柴庵 1口 信楽 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 広田松繁氏寄贈 G-5307
緋襷平鉢 1口 備前 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 個人蔵
緋襷向付 5客 備前 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 等々力孝志氏寄贈 G-5883
_MD_EXPLANATION 反鉢 1口 備前 江戸時代・17世紀 G-5775
種壺形水指 1口 備前 室町~安土桃山時代・16世紀 G-5849
一重口水指 1口 備前 室町~安土桃山時代・16世紀 G-4351
花入 1口 備前 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 松永安左エ門氏寄贈 G-4822
肩衝茶入 銘 二王 1口 備前 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 G-186
肩衝茶入 銘 岩根 1口 備前 江戸時代・17世紀 横河民輔氏寄贈 G-1198
_MD_RECOMMEND 耳付水指 1口 備前 江戸時代・17世紀 個人蔵
扁壺形花入 1口 備前 江戸時代・17世紀 松永安左エ門氏寄贈 G-5016
緋襷一重口水指 1口 備前 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 広田松繁氏寄贈 G-5304
烏帽子箱水指 1口 備前 江戸時代・17世紀 個人蔵
蹲花入 1口 信楽 室町時代・15世紀 G-5025
鬼桶水指 1口 信楽 室町時代・16世紀 G-5105
筒形花入 1口 信楽 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 G-5842
袋形水指 1口 信楽 江戸時代・17世紀 広田松繁氏寄贈 G-5308
_MD_RECOMMEND 耳付花入 1口 伊賀 江戸時代・17世紀 G-5732
_MD_EXPLANATION 伽藍石香合 1合 伊賀 江戸時代・17世紀 G-193
耳付袋形水指 1口 伊賀 江戸時代・17世紀 G-5784
_MD_RECOMMEND 擂座花入 1口 丹波 江戸時代・17世紀 G-5777
擂鉢形水指 1口 丹波 江戸時代・17世紀 宮脇真理氏寄贈 G-5875
ページトップへ