TOP
 >> お知らせ

2018年度 情報一覧

障害が発生していました、東京国立博物館デジタルライブラリー(https://webarchives.tnm.jp/dlib/)ですが、現在は復旧し、正常にサービスをご利用いただける状態になっております。 ご利用の皆様にご不便をおかけいたしましたことを、お詫び申し上げます。
現在、東京国立博物館デジタルライブラリー(https://webarchives.tnm.jp/dlib/)に障害が発生しており、正常に表示されません。復旧にむけた作業を行っておりますので、ご不便をおかけしますがしばらくお待ち下さい。
東京国立博物館ウェブサイトは2019年2月25日(月)10:00~17:00の間、メンテナンスのためご利用いただけません(時間は多少前後することがあります)。
天皇陛下御在位30年を慶祝して、2019年2月24日(日)は総合文化展のみ無料観覧日といたします。
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」の混雑状況は、Twitter @ganshinkei2019にてご確認いただけます。
1月18日(金)はイベント開催のため、東洋館別棟1階 ホテルオークラレストラン ゆりの木を16:30(16:00 ラストオーダー)で閉店とさせていただきます。
2018年12月10日(月)~12月22日(土)まで、本館1階ミュージアムショップは改修工事のため閉室いたします。

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」(2018年10月2日(火)~12月9日(日)、平成館特別展示室第3室・第4室)は、11月8日(木)午前、来場者10万人目のお客様をお迎えしました。ご来場いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

10万人目のお客様は、東京都品川区からお越しの髙田久司さんと奥様の忍さん。お二人には、記念品として本展図録と展覧会オリジナルグッズを贈呈しました。

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」10万人セレモニー
特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」10万人セレモニー
左からトーハクくん、
髙田久司さん、奥様の忍さん、当館副館長 井上洋一

髙田さんは、お仕事をリタイアされてからご夫婦で様々な寺院に行き、仏像を見たり御朱印を集めたりされているとのことです。
当館で開催する仏像の展覧会にはいつもお越しくださっているようで、
今日は特に、光背が取り外された重要文化財「六観音菩薩像」を360度から見るのを楽しみにしているとのことでした。
特別展をご覧になったあとは、寛永寺などにも行かれるご予定だそうです。
ありがとうございました。
 

10月30日より重要文化財「六観音菩薩像」は光背を取り外し、その美しい背中も間近にご覧いただけます。
光背そのものの展示もしています。
どうぞこの貴重な機会をお見逃しのないように!

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」第1部第4章の《遺作》映像は、調整をしておりましたが、復旧いたしました。
9月21日(金)と9月22日(土)は「博物館で野外シネマ」のため、22時まで開館しますが、ホテルオークラレストラン ゆりの木は、19時で閉店いたします。

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」(2018年7月3日(火)~9月2日(日)、平成館特別展示室)は、8月30日(木)午後、来場者30万人目のお客様をお迎えしました。ご来場いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

30万人目のお客様は、茨城県土浦市からお越しの小松﨑廣子さん。小松﨑さんには、記念品として本展図録とアイマスク、手ぬぐいそして土偶ペンライトを贈呈しました。


特別展「縄文―1万年の美の鼓動」30万人セレモニー
左から
小松﨑廣子さん、お孫さんの大塚友貴さん、春翔さん、娘さんの大塚吏美さん、当館館長 銭谷眞美、
トーハクくんも駆けつけてくれました

小松﨑さんは当館によくお越しいただいており、特別展をご覧になったあとは、平成館の考古展示室や東洋館もご覧いただいているとのことです。
縄文展は以前から楽しみにしており、本日はお孫さんを誘い皆さんでご来館いただきました。
特に楽しみにしている作品は、国宝「火焔型土器」で、縄文土器の美しい造形を見ると興奮するとのことです。
また、お孫さんの友貴さんは一緒に住んでいるおばあさまに日本の歴史のマンガを買ってもらい、縄文が気になっていたので重文「遮光器土偶」を見てみたいとお話しくださいました。

縄文展も残すところあと3日。
チケット売り場および会場は大変混雑していますので、公式オンラインチケットなどでチケットの事前購入をおすすめします。
縄文の国宝が6件すべてが集結することは史上初です。
まだご覧になっていない方はぜひこの機会にお越しください。

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」(2018年7月3日(火)~9月2日(日)、平成館特別展示室)は、8月17日(金)午後、来場者20万人目のお客様をお迎えしました。ご来場いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

20万人目のお客様は、東京都練馬区からお越しの山根理杜(りと)さん。理杜さんには、記念品として本展図録と土偶パペットタオル、そして土偶ペンライトを贈呈しました。

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」20万人セレモニー
特別展「縄文―1万年の美の鼓動」20万人セレモニー
左からトーハクくん、山根理杜さん、
お母様の由美子さん、当館館長 銭谷眞美

中学1年生の理杜さんは塾や学校の教科書で縄文時代の出土品を目にしていたそうで、その中でも「ハート型土偶」は特に印象に残り、縄文展で実物をご覧になることを楽しみされていたそうです。一緒にご来館されたお母様の由美子さんは、普段よりトーハクへご来館されるそうで、特別展「縄文」をホームページを見てお知りになり、理杜さんを誘われたそうです。ありがとうございます。

本展も残すところ2週間あまり。日本全国の「縄文の美」が集結するという、大変貴重な機会です。どうぞお見逃しのないように!

本日8月8日(水)、資料館は台風による悪天候が予想されるため、15時をもって臨時休館いたします。
2017年6月~2018年5月に実施した「博物館ニュース名品スタンプラリー」ではスタンプを全て集めた方に記念品を差し上げております。ご予約分のお引き換え期間を延長いたしましたので、まだお引き換えがお済みでない方は、正門プラザインフォメーションまでスタンプ帳をお持ちください。 記念品の入荷が遅れ、ご不便をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。
正門プラザのミュージアムショップと休憩スペースは、環境整備のため当分の間、閉鎖いたします。
現在、当館ウェブサイトの「ご意見・ご感想」をはじめ、WEBからの各種送信フォームの不具合により、ご利用いただけません。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
東京国立博物館ウェブサイトは2018年7月17日(火)10:00~12:00の間、メンテナンスのためご利用いただけません(時間は多少前後することがあります)。
2018年6月12日(火)は設備保守点検のため全館臨時休館いたします。 なお資料館は、2018年6月11日(月)~6月12日(火)の2日間臨時休館いたします。
2018年6月10日(日)18:00~13日(水)9:00まで、館内設備保守作業にともない、「e国宝」「研究情報アーカイブズ」「画像検索」「デジタルライブラリー」「ColBase」のサービスを休止いたします。 なお、この間の「図書検索」サービスは利用可能です。
「博物館ニュース名品スタンプラリー」ではスタンプを全て集めた方に記念品を差し上げておりますが、記念品の入荷が遅れておりますため、お引き換えはご予約制とさせていただいております。ご予約は法隆寺宝物館インフォメーションで承ります。ご不便をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」(2018年1月23日〈火〉~5月13日〈日〉、表慶館)は、4月13日(金)、20万人目のお客様をお迎えしました。ご来場いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

20万人目のお客様は、北海道からお越しの白川智久さん。アフリカでお仕事をされていたこともあるということから、アラビアの展示にもご興味を持たれご来館くださいました。本展第1章では、アフリカを出てアジアへの第一歩と踏み出した人類の歴史からご覧いただけます。

「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」展20万人セレモニー
左から白川智久さん、当館館長 銭谷眞美

白川さんは北海道在住ではありますが、トーハクの総合文化展によくお越しになるということです。ありがとうございます。

本展も残すところ約1ヶ月。400件以上の貴重な文化財をとおして、アラビア半島の知られざる歴史を紹介する本展をお見逃しなく!

ページトップへ