TOP
 >> 注口土器(ちゅうこうどき) 

注口土器(ちゅうこうどき) 

  
1個
青森県十和田市米田字獺ノ沢出土
高21.8
縄文時代(後期)
前2000-前1000年
重文
J37265
展示予定は未定です
 
土瓶形を呈する黒色の大型注口土器。大きく描かれた幾何学的な磨消縄文や,胴部三ヵ所に配された円形の無文帯の中の瘤状突起は,東北地方における後期縄文土器の文様装飾の特徴を示すものである。