このページの本文へ移動

人形装飾付壺形土器(ひとがたそうしょくつきつぼがたどき) 

 『人形装飾付壺形土器(ひとがたそうしょくつきつぼがたどき)』の画像 
1個
青森県弘前市十腰内出土
高22.5
縄文時代(後期)
前2000-前1000年
重文
J36811
拡大して表示 別の画像を表示
総合文化展での展示予定は未定です
 
球形の胴部に細長い筒状の口頸部の付いた黒色の壷。胴部上半の相対する位置に土偶に似た人形が浮彫風に飾られている。また胴部の中央には磨消縄文帯二条がめぐり,処々に瘤状の突起が付けられる。これらの文様装飾は東北地方の後期縄文土器の特徴を示すものである。