TOP
 >> 展示
 >> 呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―

呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―

呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年― / 東洋館 8室   2018年1月2日(火) ~ 2018年3月4日(日)

  
墨梅自寿図軸(部分) 呉昌碩筆 中国 中華民国14年(1925) 青山杉雨氏寄贈

清時代の末期から中華民国の初期にかけて、書・画・印に妙腕をふるった呉昌碩(ごしょうせき、1844~1927)は、300年近く存続した清王朝の掉尾(ちょうび)を飾る文人として知られています。

初名を俊(しゅん)、のちに俊卿(しゅんけい)といい、中華民国元年(1912)から昌碩と改めました。幼少から私塾に通い勉学を積みますが、太平天国の乱によって一家は離散、17歳から21歳まで凄惨な放浪生活を強いられました。乱の平定後は村人に学問を教えたり、地方の小職に就いたりしながら、書画篆刻にいそしみます。56歳のときに安東県(江蘇省)の知事となるも、腐敗した官界に耐えられず1ヶ月で辞職。その頃すでに盛名を馳せていた呉昌碩は書画篆刻で生計を立て、84歳で没するまで在野の職業文人として、旺盛な創作を展開しました。呉昌碩は終生、紀元前5世紀ごろの古代文字である石鼓文の臨書に励み、その風韻を書・画・印に結実させました。不器用なまでの重厚な運筆の中にも、キラリと光る輝きを秘めた作風は多くの人々を魅了し、日本にも熱烈な愛好者がいます。

呉昌碩の没後90年にあたる今年度、台東区立書道博物館との連携企画第15弾として、さらには朝倉彫塑館を加えた3館のスペシャル企画として、呉昌碩の作品を概観し、その業績を顕彰します。

 

担当研究員の一言

日本にも熱狂的なファンを持つ清朝最後の文人呉昌碩。その模索時代から最晩年までの作品を一挙公開!/富田淳

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
行書斉侯罍識語軸 呉昌碩筆中国 清時代・光緒28年(1902) 個人蔵
墨竹図軸 呉昌碩筆中国 清時代・19世紀(2018年1月28日まで展示)
雲根図軸 呉昌碩筆中国 中華民国元年(1912) 個人蔵(2018年1月28日まで展示)
山水図軸 呉昌碩筆中国 中華民国3年(1914) 大阪市立美術館蔵(2018年1月30日から展示)
斉雲館印譜 呉昌碩作中国 清時代・光緒2年(1876) 小林斗盦氏寄贈
海浜話別図巻 陸恢筆中国 中華民国3年(1914) 京都国立博物館蔵(2018年1月28日まで展示)
臨石鼓文軸 呉昌碩筆中国 中華民国14年(1925) 林宗毅氏寄贈
行書王維五言句横披 呉昌碩筆中国 中華民国16年(1927) 個人蔵

 

連携企画

   台東区書道博物館 呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年― (2018年1月4日(木)~2018年3月4日(日))
   朝倉彫塑館 呉昌碩と朝倉文夫 (2018年1月5日(金)~2018年3月7日(水))
   会期中、3館それぞれの観覧券の半券を提示で、半券以外の館を各館の会期中に限り団体割引料金で観覧できます(各種割引の併用はできません)。

 

図録

呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―
呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―

編集・編集協力:台東区立書道博物館、東京国立博物館、台東区立朝倉彫塑館
発行:公益財団法人 台東区芸術文化財団
定価:900円(税込)
ミュージアムショップにて販売中。

関連事業

平成館 大講堂  2018年2月3日(土)   13:30~15:00 *開場は13:00を予定   当日受付
<ギャラリートーク>   呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―
東洋館 第8室  2018年1月16日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付