TOP
 >> 展示
 >> 銘文大刀と古墳時代の社会 作品リスト

銘文大刀と古墳時代の社会

銘文大刀と古墳時代の社会

平成館 考古展示室  2017年1月2日(月) ~ 2017年6月25日(日)

  
国宝 銀象嵌銘大刀(部分) 熊本県玉名郡和水町 江田船山古墳出土 古墳時代・5~6世紀

江田船山古墳出土銀象嵌銘大刀は5世紀の長大な銘文と鳥・魚・馬形文様を施した大刀で、当時の政治・社会や世界観を伝える文字資料として、日本古代史上の第一級史料(資料)です。独立の展示空間と専用ケースで、銘文・文様の観察と理解を助ける各種解説パネルと共に展示を構成します。併せて、5世紀を代表する人物像である石人を展示します。

展示作品リスト 2件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 国宝 銀象嵌銘大刀 1本 熊本県玉名郡和水町 江田船山古墳出土 古墳時代・5~6世紀 J-573
_MD_RECOMMEND 重文 石人 1個 福岡県八女市 岩戸山古墳出土 古墳時代・6世紀 J-831