TOP
 >> 催し物
 >> 月例講演会「江戸の仏像と近代の彫刻」

講演会・講座

月例講演会「江戸の仏像と近代の彫刻」

江戸時代まで造られていた仏像は、明治以降は文化財や彫刻作品としても認められるようになりました。その変化について、館蔵品を中心にお話しします。

※一部座席にヒアリングループ(磁気ループ)を設置しています。
※UDトークをお使いいただけます。
 

日程
2018年7月14日(土)
時間
13:30~15:00*開場は13:00を予定
会場
平成館-大講堂
講師
西木政統(貸与特別観覧室研究員)
定員
380名(先着順)
聴講料
無料(ただし当日の入館料が必要)