TOP
 >> 展示
 >> 彫刻 作品リスト

彫刻

彫刻

本館 11室  2020年2月26日(水) ~ 2020年9月13日(日)

  
文殊菩薩立像(部分) 鎌倉時代・13世紀

江戸時代以前の日本の彫刻は、寺院や神社に安置された仏像、神像、肖像で占められています。その素材としては、木材が圧倒的に多く、これは日本彫刻の大きな特徴の一つです。飛鳥時代、奈良時代は都のあった奈良とその周辺地域に作例は限られますが、平安時代以降は仏教の普及とともに全国的に仏像がつくられるようになります。この部屋では、飛鳥時代から鎌倉時代の木彫像を中心に、様々な種類の尊像を展示し、日本彫刻の魅力をご覧いただきます。

展示作品リスト 12件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 重文 菩薩立像 1躯 鎌倉時代・13世紀 C-20
_MD_EXPLANATION 菩薩立像 1躯 飛鳥時代・7世紀 C-217
十一面観音菩薩立像 1躯 平安時代・9世紀 C-1880
_MD_RECOMMEND 文殊菩薩立像 1躯 鎌倉時代・13世紀 C-23
菩薩立像 1躯 鎌倉時代・13世紀 C-314
薬師如来坐像 1躯 奈良時代・8世紀 C-318
重文 阿弥陀如来坐像 1躯 平安時代・12世紀 奈良・法隆寺蔵
_MD_RECOMMEND 国宝 広目天(四天王立像のうち) 1躯 平安時代・12世紀 京都・浄瑠璃寺蔵
重文 大日如来坐像 1躯 平安時代・11~12世紀 C-311
重文 不動明王立像 1躯 平安時代・10世紀 京都・妙法院蔵
_MD_EXPLANATION 重文 愛染明王坐像 1躯 鎌倉時代・13世紀 C-1858
_MD_RECOMMEND 重文 文殊菩薩騎獅像および侍者立像 5躯 康円作 奈良・興福寺伝来 鎌倉時代・文永10年(1273) C-1854