TOP
 >> 展示
 >> 2020年7月1日(水)の黒田記念館

2020年7月1日(水)の黒田記念館

黒田記念館は、洋画家黒田清輝(1866-1924)の遺言により、その遺産によって建てられ、昭和3年(1928)に竣工、同5年に帝国美術院附属美術研究所として開所しました。当館では、黒田清輝の油彩画約130点、デッサン約170点、写生帖などを所蔵し、特別室と黒田記念室で展示されています。

特別室は、年3回、各2週間、公開されます。2020年度の展示予定が決まり次第、こちらでお知らせいたします。

 

6月2日からの再開にあたり、ご来館のお客様へのお願い
※ご来館前にご確認ください。
※黒田記念館だけの入館には、事前のご予約は必要ありません。
  ただし、入場規制を行う場合がございます。

 


現在、ご覧いただける展示はございません。