TOP
 >> 催し物
 >> 東京国立博物館講演会 第2弾「上野の山の彰義隊―江戸260年へのさよなら」

過去の講演会・講座

東京国立博物館講演会 第2弾
「上野の山の彰義隊―江戸260年へのさよなら」

東京国立博物館講演会 「上野の歴史を知るシリーズ」第2弾
『上野の山の彰義隊―江戸260年へのさよなら』
日程 2005年11月20日(日)
時間 13:30~15:00(開場13:00予定)
会場 東京国立博物館 平成館大講堂
演題 「上野の山の彰義隊―江戸260年へのさよなら」  
 「上野の山の彰義隊(しょうぎたい)」とは、戊辰戦争の時、江戸上野に拠って新政府軍と戦った旧幕府軍である。江戸城明け渡し後、上野寛永寺にたてこもったが、新政府軍の攻撃により撲滅した。彼らの子孫は既に高齢化、代替わりが進み、記憶の風化が避けられないのが現状である。本講演では、逆賊、「烏合の衆」と軽んじられ敗北した彰義隊の存在を世に伝え、その後のいくつもの人生についてももう一度光をあてる。同じ時代、よく似た境遇にあったかの有名な新撰組に対して、知名度のほとんどない彰義隊と彼らの舞台である上野の地域史を、地域雑誌編集人として名高い森まゆみ氏ならではの視点で掘り起こし、知られざる上野の歴史を紹介する。
講師 作家、地域雑誌編集人 森 まゆみ氏
定員 250名 (当日先着順)
聴講料 無料(ただし当日の入館料は必要です)
* 当日会場にお集まりください
主催 東京国立博物館
後援 台東区
問い合わせ 東京国立博物館 イベント担当(03-3821-9270)
講師プロフィール 森 まゆみ
 1954年東京都文京区生まれ。作家、地域雑誌編集人。1977年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。出版社勤務を経て、1980年フリーに。1984年季刊の地域雑誌「谷中・根津・千駄木」(愛称・谷根千〈やねせん〉)を発刊。1985年第1回NTT全国タウン誌フェスティバル大賞受賞(1988年第4回も同賞受賞)。1989年第11回日本雑学大賞受賞。1992年第14回サントリー地域文化賞受賞。1998年『鴎外の坂』(新潮社)で第49回芸術選奨文部大臣新人賞受賞。1999年第51回日本建築学会賞文化賞受賞。2001年から文部科学省文化審議会委員として文化財保護に関わる。
 
主な著書:『谷中スケッチブック』『不思議の町 根津』『谷根千の冒険』『風々院風々居士 山田風太郎に聞く』(以上、筑摩書房)、『彰義隊遺聞』『明治東京畸人伝』(以上、新潮社)、『寺暮らし』(みすず書房)、『大正美人伝―林きむ子の生涯』(文藝春秋)、『東京遺産』『一葉の四季』(以上、岩波新書)