このページの本文へ移動

金銅製冠帽(こんどうせいかんぼう) 

 『金銅製冠帽(こんどうせいかんぼう)』の画像 
1頭
金銅製
熊本県玉名郡和水町 江田船山古墳出土
下辺長14.6 高16.5
古墳時代
5-6世紀
国宝
J786
拡大して表示 別の画像を表示
2021/12/07から2022/06/12まで平成館 考古展示室で展示
 
中央に絡み合った2頭の龍,その外側を火焔文で縁どった文様を透彫りした2枚の爪形の金銅製側板と,半球状の飾金具を付けた蛇行状金具からなる。側板・縁金からは多数の歩揺(ほよう)を垂下する。伴出の素環頭(そかんとう)大刀の環頭部外周,帯金具(方形カ帯(かたい)金具),鏡板にも龍の文様がみられる。