このページの本文へ移動

金銅鉢(こんどうはち) 

 『金銅鉢(こんどうはち)』の画像 
1口
銅鋳製鍍金
高18.8 口径28.5 胴径33.4
奈良時代
8世紀
重文
E14284
拡大して表示
総合文化展での展示予定は未定です
 
肩が張り,底へ向かってすぼまった奈良時代の典型的な形の鉢で,鉢支を具えている。鉢は三衣一鉢といって,僧侶の持ってよい必要最小限のもので,托鉢時に供物を入れたり,食器として用いた。しかし,僧侶の持つ鉢は陶もしくは鉄で作ると定められており,こうした鍍金を施したものは,仏前に米飯などの供物を盛る供養具として使用された。