TOP
 >> 2019年5月17日(金)  の展示・催し物

2019年5月17日(金)  の展示・催し物

特別展

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」

本館 特別5室・特別4室・特別2室・特別1室  2019年5月3日(金)~2019年6月2日(日)

本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」の一環として開催する特別展です。皇室ゆかりの名品である狩野永徳筆「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の作である国宝「檜図屏風」を、同時公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会となります。
平安から近代の名だたる日本美術の名品をご覧ください。

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

平成館 特別展示室  2019年3月26日(火)~2019年6月2日(日)

東寺(教王護国寺)は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立されました。唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場としました。2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。
本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝をご堪能ください。

総合文化展
特集
東洋館 5室  2019年4月23日(火)~2019年7月15日(月)
本館 14室  2019年3月19日(火)~2019年6月23日(日)
親と子のギャラリー
平成館 企画展示室  2019年4月16日(火)~2019年5月26日(日)
催し物
イベント
2019年4月26日(金) ~ 2019年5月19日(日) 
2019年4月2日(火) ~ 2019年6月2日(日) 
庭園 2019年3月12日(火) ~ 2019年5月19日(日)  10:00~16:00
3月22日(金)・23日(土)、3月29日(金)・30日(土)は~19:30(ただし、本館側のみ)
ミュージアムシアター
東洋館 TNM&TOPPAN ミュージアムシアター 2019年3月27日(水) ~ 2019年6月30日(日)  (毎週 水・木・金・土・日・祝) 【水・木・金】12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
【土・日・祝休日】11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
※特別展会期中の金・土は追加上演あり ※開場は開演時間の5分前。途中入場はできません。 当日受付
展示・催し物カレンダー
カレンダーの日付をクリックするとその日の展示・催し物が表示されます。
通常開館日(17時まで)
時間延長日(18時まで)
夜間開館日(21時まで)
特別開館日
休館日(月曜休館)
※祝休日の場合は翌火曜休館