TOP
 >> 展示
 >> 唐三彩

唐三彩

唐三彩 / 東洋館 5室   2017年9月5日(火) ~ 2018年2月4日(日)

  
三彩駱駝 中国 唐時代・7~8世紀 横河民輔氏寄贈

造形、装飾ともに卓越した技術を駆使して、長い時間をかけて発展をとげてきた中国陶磁。今回は、なかでも人物や動物を力強く生き生きと表わし、緑、黄、藍など低火度の鉛釉であざやかに色づけした「唐三彩」に注目します。

東京国立博物館の唐三彩コレクションは、代表的な横河民輔寄贈品、広田松繁(不孤斎、ふっこさい)寄贈品に加え、20世紀初頭に直接中国を訪れた日本人が購入した貴重な収集品からなり、歴史的にも意義深いものです。これらを最新の研究に基づいて、唐三彩の発生から時代を追って体系的にご紹介しながら、今日もなお私たちを惹きつけてやまない唐三彩の魅力をたっぷりとお楽しみいただきたいと思います。

 

担当研究員の一言

世界に誇る唐三彩の名品が一堂に会します。お見逃しなく!/三笠景子

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
三彩駱駝 中国 唐時代・7~8世紀 横河民輔氏寄贈
重要文化財 三彩貼花龍耳瓶 中国 唐時代・8世紀 横河民輔氏寄贈
三彩女子 中国 唐時代・8世紀 鈴木榮一氏寄贈

関連イベント

   博物館でアジアの旅(マジカル・アジア) 2017年9月5日(火) ~ 10月15日(日)
   アジア各地の吉祥、魔除け、呪いなど、目に見えない不思議なパワーにまつわる作品を紹介します。