TOP
 >> 催し物
 >> イベント
 >> トークショー トーハク×アイデアソン 訪日外国人の記憶に残る日本文化体験

過去のイベント

トークショー トーハク×アイデアソン 訪日外国人の記憶に残る日本文化体験

世界にシェアしたくなるトーハク × ニッポン体験

アイデアソンポスター
ICTを活用した様々なサービスが日々生まれるなか、博物館を楽しんでいただくための方法もどんどん進化しています。
東京国立博物館は、「訪日外国人の記憶に残る日本文化体験」をテーマに、博物館でのICTを活用した鑑賞の可能性をコミュニケーション・ディレクター 佐藤尚之(さとなお)氏のファシリテーションで探る「トーハク×アイデアソン」を開催します。
このアイデアソンの優勝企画の発表とファシリテーター、審査員によるトークショーを行います。
博物館の鑑賞体験とは? 世界に伝えたい日本文化とは? 

未来のトーハクを探るための熱いセッションにご期待ください!
 
(タイムテーブル)
12:30~14:15 アイデアソン プレゼンテーション
14:15~14:45 休憩
14:45~14:50 表彰
14:50~16:20 トークショー
 

※アイデアソンとは、アイデアとマラソンを掛け合わせた造語で、ある特定のテーマについて多様なメンバーが集まり、対話を通じて、新たなアイデア創出やアクションプラン、ビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのことを指します。
※本アイデアソン・トークショーは、株式会社電通国際情報サービス、クウジット株式会社とともに取り組んでいる「トーハクなび共同研究プロジェクト」の一環として実施されます。
 

日程
2017年3月12日(日)
時間
12:30 ~ 16:20(開場12:00) ※アイデアソンのプレゼン、講評を含みます。また、途中休憩(30分)を予定。
会場
平成館-大講堂
対象
事前申込不要。どなたでもご参加いただけます
定員
380名(先着順)
参加費
無料(ただし、当日の入館料が必要です)
ファシリテーター
佐藤尚之(さとなお)氏(コミュニケーション・ディレクター)
審査員
サッシャ氏(ラジオDJ、フリーアナウンサー)
橋本麻里氏(ライター、エディター、永青文庫副館長)
暦本純一氏(東京大学情報学環教授)
松本伸之(東京国立博物館副館長)
主催
東京国立博物館、株式会社電通国際情報サービス、クウジット株式会社
お問合せ先
東京国立博物館教育普及室
info@tohaku-ideathon.jp
03-3822-1111(代表)