TOP
 >> 催し物
 >> 東京国立博物館 桜コンサート ~上野の杜にシタールの調べ~

過去のコンサート

東京国立博物館 桜コンサート ~上野の杜にシタールの調べ~

庭園
東京国立博物館では特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」(2015年3月17日(火)~5月17日(日)、表慶館)の開催を記念して、シタールのコンサートを開催いたします。
独特の音色を奏でるシタールはインド発祥と言われています。仏教の聖地インドで生まれた音楽を、この時期だけ公開中の庭園内の桜とともにお楽しみ下さい。
なお当日は庭園ライトアップ(19:30まで)を予定しております。日本の春をシタールの調べとともにお楽しみください。
 

 

出演者プロフィール

 
サワン・ジョシ(シタール) Sawan Joshi

サワン・ジョシ
1977年ネパール、カトマンドゥに生まれる。14歳の時インド・ネパール古典音楽の声楽家であった祖父の影響で古典音楽を学び始める。インド古典音楽の資格認定試験(Prayag Sangeet Samiti, Alahabad,India)に合格し、98年ネパール全国古典楽器コンクールにて第1位。ネパールにてライブ演奏、ラジオ出演などの活動を開始。
2000年に来日、シタール奏者として様々なアーティストと共演しながら、2002年Ho-Hi-Yan国際音楽祭(台湾)、その後、アジア・アコースティック・フェスティバル(台湾)、国際民謡歌謡祭(台湾)、The Rising Sun Rock Festival(北海道)、Fuji Rock Festivalなど に出演し聴衆を魅了。2004年東京藝術大学音楽研究科に入学し、南アジア音楽文化の専門的な研究を始める。現在、博士課程を終え、音楽研究活動、シタール奏法の指導をする傍ら、古典音楽を基本に様々な音楽との融合を試みた演奏活動を行い、シタール音楽の普及に取り組んでいる。
ホームページ:http://sawanjoshi.wix.com/sitar
 
野崎洋一(キーボード)

1970年生まれ。幼少の頃よりピアノを始め、89年プロデビュー。様々なアーティストのレコーディングに参加し、幅広い音楽性が評価されている。
上妻宏光のワールド・ツアー、松田聖子、沢田研二、宗次郎、石井竜也、D-51、池田卓など多くのアーティストのレコーディング、ライブサポートに参加。作曲、アレンジも多く手掛けている。

 

関根真理(パーカッショニスト)

パーカッションをヤヒロトモヒロ氏に師事。2000年より打楽器奏者として、不破大輔率いる「渋さ知らズオーケストラ」をはじめ、国内外の数々のJAZZフェスティバルやライブハウスに出演。リズム・ワークショップ活動にも積極的に関わり、初めて打楽器を触る人でも音楽の楽しさを感じられるような、自由な発想を重視した指導に務めている。

 
 

日程
2015年4月3日(金)
時間
(1)13:00~ 表慶館前、 (2)18:00~ 庭園茶室(転合庵)前 ※雨天の場合は東洋館エントランス
出演
サワン・ジョシ(シタール)
野崎洋一(キーボード)
関根真理(パーカッション)
料金
無料 (ただし、当日の入館料は必要)
主催
東京国立博物館
NPO法人世界遺産コンサート
http://www.whcon.jp/


関連展示

  1. 特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」
  2. 表慶館- 
    2015年3月17日(火) ~ 2015年5月17日(日)


関連事業

  1. 博物館でお花見を
  2. 本館
    2015年3月17日(火) ~ 2015年4月12日(日) 9:30~17:00 ※金曜日は~20:00、4月の土・日は~18:00(最終入館は閉館の30分前まで)

  3. 春の庭園開放
  4. 庭園
    2015年3月17日(火) ~ 2015年4月19日(日) 10:00~16:00 ※3月27日(金)、4月3日(金)は19:30まで