TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 印可状(いんかじょう) 流れ圜悟(ながれえんご)

印可状(いんかじょう)  流れ圜悟(ながれえんご)

  
1幅
紙本墨書,掛幅装
圜悟克勤筆
縦43.9 横52.4
北宋時代
宣和6年(1124)
国宝
TB1171
松平直亮氏寄贈
展示予定は未定です
 
宋代禅林の巨匠圜悟克勤(1063-1135)が,その法嗣の虎丘紹隆に与えた印可状の前半。全文の記録される『圜悟仏果禅師語録』によると,墨跡の末尾には宣和六年(1124)十二月の款記があったが,伊達政宗の所望で半分に切断され,後半が伊達家に渡ったとされる。現存最古の墨跡で,圜悟克勤の禅林史上の重要さとあいまって,古来墨跡の第一とされてきた。本幅は薩摩坊ノ津海岸に漂着したことから「流れ圜悟」の異称がある。大徳寺大仙院,堺祥雲寺伝来。のち松平不昧公の所蔵となり,永く同家に襲蔵された。