TOP
 >> 松鷹図(まつたかず) 

松鷹図(まつたかず) 

  
2幅
紙本墨画
雪村周継筆(せっそんしゅうけいひつ)
各縦126.5 横53.5
室町時代
16世紀
重文
A1397
展示予定は未定です
 
雪村は常陸太田の武将佐竹氏の長子であったが,出家して画僧となり,会津,小田原,鎌倉などを遍歴し,16世紀後半を中心に活躍した。動的な筆致と構図を特長とする雪村画の中で,本図は比較的静かな趣を示す。しかし緻密に描かれた着色の架鷹図などと比べれば,松と鷹の描写は粗放であり,躍動する筆の動きを感じさせ,やはり雪村らしい作品ということができる。