TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 松下達磨図(しょうかだるまず) 

松下達磨図(しょうかだるまず) 

  
1幅
絹本墨画淡彩
一山一寧賛(いっさんいちねいさん)
縦100.8 横50.8
鎌倉時代
14世紀
重文
A11095
展示予定は未定です
 
達磨は禅宗の初祖。西方から中国に渡来し,少林寺で9年間,面壁座禅したという。顔の表現や衣文線に優れた技量がうかがえるにもかかわらず,岩の描写に稚拙さが目立ち,背後の雲を輪郭線で描くところは,水墨画導入の初期段階にあることを示す。一山一寧(1317年没)は正安元年(1299)に来朝した中国(元)の僧。制作年代は14世紀初頭と推定される。