TOP
 >> 展示
 >> 表慶館
 >> 春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46

春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46

春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46 / 表慶館    2021年9月4日(土) ~ 2021年11月28日(日)

 『重要文化財 夏秋草図屛風(右隻) 酒井抱一筆江戸時代・文政4年(1821)頃(注)会場では高精細複製品を展示』の画像 
重要文化財 夏秋草図屛風(右隻) 酒井抱一筆
江戸時代・文政4年(1821)頃
(注)会場では高精細複製品を展示

古来、日本に暮らす人々は、身近な自然への想いを生活の中で育み、和歌や絵などに表現してきました。その世界観は今も昔も変わりはありません。

この展覧会では、春夏秋冬の花があらわされた7点の日本美術(複製)とともに現代のポップカルチャーをあわせて紹介します。7つの作品と現代を結ぶキーとなるのは、アイドルグループの乃木坂46です。

ここではメンバー一人一人が花に見立てられ、彼女たちのパフォーマンスが、映像インスタレーションによって、日本の人々が花に託した造形の本質を、季節を巡りながら示されていきます。彼女たちが日々、表現している歌詞や世界観が文化財に重ねられていくことで、乃木坂46と日本の文化と、そして私たちが生きる日常/自然とが、地続きの存在であることを実感していただきます。
この展覧会によって、これまで古美術にふれる機会の少なかった方々や、博物館に来たことのない人にも、文化財の魅力を感じていただける大きな機会となるでしょう。

展示紹介

 

展示(1) 「花下遊楽図屛風  野長信筆」(メインの花:桜)

展示室奥に設置された大型スクリーンに、乃木坂46のメンバーがパフォーマンスしている映像を投影。その手前に、「囲い越しに中を見ているイメージ」で奥が透けて見えるスリットカーテンを用意。そのスリットカーテンにもプロジェクタで映像を投影します。来場者は、スリットカーテン越しに展示室奥のスクリーンの映像がレイヤー状に重なって見える不思議な体験をすることができます。

 


国宝 花下遊楽図屛風 狩野長信筆 江戸時代・17 世紀 東京国立博物館蔵
(注)本展覧会では複製を展示。
(注)右隻中央は原品では消失。画像は消失前に撮影されたガラス乾板写真画像と合成。

 

乃木坂46が日本美術の花々と共鳴する、映像を使った7つの作品批評。気鋭のクリエイターによる映像と日本美術のコラボレーションを楽しめます。

 

「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」公式サイトに移動する

 

開催概要

 

展示作品・会期・展示期間等については、今後の諸事情により変更する場合があります。

会期

2021年9月4日(土)~2021年11月28日(日)

会場 東京国立博物館 表慶館
開館時間 9時30分~17時00分
金・土曜・11月28日(日)は20時00分まで
(入館は閉館の60分前まで)
休館日 月曜(ただし9月20日(月・祝)、11月22日(月)は開館)、 9月21日(火)
観覧料金

本イベントは各種会員証および特別展無料観覧券ではご観覧いただけません。本展の日時指定券をご購入ください。

一般・大学生 1,800円
高校生 1,000円
中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料。

(注)混雑緩和のため、本展は事前予約制(日時指定券)です。入場にあたって、すべてのお客様は日時指定券の予約が必要です。詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。

(注)本イベントご観覧の当日に限り総合文化展(「イスラーム王朝とムスリムの世界」、「スポーツ NIPPON」を含む)もご覧いただけます。ただし、総合文化展の混雑状況によっては、入場をお待ちいただく場合があります。総合文化展の日時指定券をご予約いただく必要はありません。なお、総合文化展は全日17:00に終了となるため、それ以降は総合文化展はご観覧いただけません。

(注)特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」、伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」は別途事前予約(日時指定券)および観覧料が必要です。

交通 JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主催 東京国立博物館、文化財活用センター、ソニー・ミュージックエンタテインメント
文化庁、日本芸術文化振興会
制作協力 NHKプロモーション、中山マネジメント
お問合せ 03-5809-0725(「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」事務局)
展覧会公式サイト https://nogizaka-fourseasons.jp

 

ページトップへ