このページの本文へ移動

屏風と襖絵―安土桃山~江戸

屏風と襖絵―安土桃山~江戸

本館 7室  2014年12月9日(火) ~ 2015年1月25日(日)

  
重要文化財 西湖春景銭塘観潮図屏風(部分) 池大雅筆 江戸時代・18世紀

室内を仕切ることにより場を作り出し、空間を演出する機能をもつ屏風や襖には、権力を象徴し、場を荘厳するなどの目的のために、絵が描かれたり、書が揮毫されたりしました。ここでは安土桃山時代から江戸時代の屏風を展示し、これら大画面の作品によって生み出される空間の効果を感じ取っていただきます。
京狩野派の絵師による雪景色の山水図、春の光景を描いた作品や伊藤若冲の独特な水墨技法で表わされた群鶏図を展示します。

展示作品リスト 3件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
雪景山水図屏風 6曲1隻 狩野永祥筆 江戸~明治時代・19世紀 個人蔵
松梅群鶏図屏風 6曲1双 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 A-12320
おすすめ 重文 西湖春景銭塘観潮図屏風 6曲1双 池大雅筆 江戸時代・18世紀 A-1195