TOP
 >> 展示
 >> 法隆寺宝物館

法隆寺宝物館

明治11年(1878)に奈良・法隆寺から皇室に献納され、戦後国に移管された宝物300件あまりを収蔵・展示しています。これらの文化財は、正倉院宝物と双璧をなす古代美術のコレクションとして高い評価を受けていますが、正倉院宝物が8世紀の作品が中心であるのに対して、それよりも一時代古い7世紀の宝物が数多く含まれていることが大きな特色です。

フロアマップ
レストラン・カフェ


1階 灌頂幡、金銅仏・光背・押出仏、伎楽面

  
第1室  2018年4月2日(月) ~ 2019年3月31日(日)

法隆寺献納宝物を代表する名品である灌頂幡と金銅小幡、及び制作当初の姿を示した模造の灌頂幡も併せて展示します。

  
第2室  2018年4月2日(月) ~ 2019年3月31日(日)

法隆寺献納宝物のうち、6~8世紀までの金銅仏を展示します。併せて同時期の光背、押出仏も展示します。

  
第3室  2018年4月2日(月) ~ 2019年3月31日(日)

法隆寺献納宝物のうち、飛鳥時代から奈良時代の伎楽面を中心にした展示です。
作品保護のため、金曜日および土曜日に限って公開します。

2階 木・漆工、金工、絵画・書跡・染織

  
第4室  2018年10月23日(火) ~ 2018年12月16日(日)

法隆寺献納宝物のうち、中国・唐時代の開元12年(724)に制作された七弦琴や、類品の少ない古代から中世の鼓胴など、楽器を展示します。

  
第5室  2018年4月2日(月) ~ 2019年3月31日(日)

法隆寺献納宝物を代表する作品として著名な竜首水瓶や、鵲尾形柄香炉、海磯鏡など金工作品を展示します。

  
第6室  2018年11月27日(火) ~ 2018年12月25日(火)

第6室は絵画・書跡・染織を展示します。絵画と染織は毎月、書跡は2ヶ月に1度の展示替えを行い、今回は絵画、書跡と染織の展示となります。
絵画は、鎌倉時代、嘉元3年(1305) に描かれた重要文化財「聖徳太子絵伝」を展示します。この作品は聖徳太子の70あまりの生涯の行いを4面に描いており、各面に桜・梅・藤・紅葉・雪山をそれぞれ配して四季を構成しています。また、書跡は後桜町天皇宸翰和歌懐紙、写経断簡50枚を貼り交ぜて6曲1隻の屏風に仕立てた「写経屏風」を展示します。染織は聖徳太子が仏教の講義をした際に身に着けたと伝えられる二領の糞掃衣を展示します。