このページの本文へ移動

樹下人物文様ヴェルヴェット錦(部分)(じゅかじんぶつもんようヴェルヴェットにしき) 

 『樹下人物文様ヴェルヴェット錦(部分)(じゅかじんぶつもんようヴェルヴェットにしき)』の画像 
1枚
イラン
縦160.0 横33.0
サファヴィー朝
16-17世紀
TI480
拡大して表示
総合文化展での展示予定は未定です
 
白繻子地に杉の木と花卉を背景に幼子を抱いた女性が,多彩なヴェルヴェットの技法で織りだされている。文様をあらわす輪奈糸を織の過程で別色に繋ぎ替え,織り上げた後に切って毛羽立てた巧緻な作例である。聖母子の肖像を連想させる女性像は,実際イスラム圏のクリスチャンの注文に応じて製作されたものであったかもしれない。当時のペルシア織物の技術の高さを示す一例で,同種の図様の織物がフランス・リヨン織物美術館に所蔵されている。