TOP
 >> 李白吟行図(りはくぎんこうず) 

李白吟行図(りはくぎんこうず) 

  
1幅
紙本墨画
梁楷筆
縦81.1 横30.5
南宋時代
13世紀
重文
TA164
展示予定は未定です
 
詩仙李白を水墨の簡略な筆で見事に表現した本図は,梁楷の「減筆体」の水墨人物画を最もよく示すものといわれる。図上のパスパ文字で「大司徒印」と記された鑑蔵印は元朝に仕えた阿尼哥の印といわれる。狩野家摸本より江戸時代には東方朔図と対幅であったことがわかる。松平不昧旧蔵の由緒をもつ。