TOP
 >> 沃懸地螺鈿金装飾剣(いかけじらでんきんそうのかざりたち) 

沃懸地螺鈿金装飾剣(いかけじらでんきんそうのかざりたち) 

  
1口
総長110.3
平安時代
12世紀
重文
F19933
展示予定は未定です
 
この沃懸地螺鈿金装飾剣の製作当時はさぞ華麗なるものであったと思われる。今は鴛鴦文と孔雀文の螺鈿は脱落し,沃懸地も殆ど残ってはいないが,山形金物の鳳凰文の容彫,宝相華文を玉装した金具類の見事さは抜群である。