TOP
 >> 円珍贈法印大和尚位並智証大師謚号勅書(えんちんぞうほういんだいかしょういならびにちしょうだいししごうちょくしょ) 

円珍贈法印大和尚位並智証大師謚号勅書(えんちんぞうほういんだいかしょういならびにちしょうだいししごうちょくしょ) 

  
1巻
彩箋墨書
小野道風筆(おののとうふうひつ)
縦28.7 全長156.9
平安時代
延長5年(927)
国宝
B2405-1
展示予定は未定です
 
延暦寺第10世の座主・増命が示寂し,朝廷は「静観」の謚号を授けたが,その師である円珍には「智証大師」の謚号が贈られた。時に延長5年(927),円珍没後36年目に相当し,この時に執筆された本巻は和様の開祖といわれる小野道風(894-966)34歳の筆。