TOP
 >> 展示
 >> ドレッサーの贈り物―明治にやってきた欧米のやきものとガラス

ドレッサーの贈り物―明治にやってきた欧米のやきものとガラス

ドレッサーの贈り物―明治にやってきた欧米のやきものとガラス / 本館 14室   2016年9月27日(火) ~ 2016年12月18日(日)

  
白色ガラス蛙蜻蛉刻文瓶 イギリス 19世紀 グリーン & ネフュー社寄贈

明治9年(1876)の冬、ひとりのイギリス人が来日しました。その名はクリストファー・ドレッサー(Christopher Dresser 1834–1904)、欧米における「ジャポニスム」を牽引した著名なデザイナーです。

このとき彼は、サウスケンジントン博物館(現在のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の前身)が日本のために収集したヨーロッパの美術工芸品を携えていました。それは、明治6年(1873)のウィーン万国博覧会の出品作品やそのとき買い集めた大切な品物を積んで日本へ向かった船ニール号が沈没した、というニュースを聞いたサウスケンジントン博物館長の厚意による贈り物でした。

充実した日本滞在を終えたドレッサーは、その後もイギリスから工芸品を博物館に寄贈しています。さらに、ドレッサーは日本で集めた美術品をデザイナー、そしてガラス工芸作家として知られるルイス・コンフォート・ティファニーへ届けるなど、アメリカにおける日本風デザインの流行にも強い影響を与えたといわれています。

今回の展示では、ドレッサーによってもたらされた作品を中心に、明治時代前半期に博物館が受入れた欧米のやきものとガラスの器を紹介いたします。140年もの昔に想いを馳せながら、いまなお私たちの眼を楽しませてくれる貴重な作品をどうぞお楽しみください。

 

担当研究員の一言

19世紀欧米で作られたにぎやかな器たち。多様な材質や装飾もじっくりお楽しみください。/三笠景子

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
多彩釉花唐草貼付文飾壺 イギリス ミントン社 1873年 キャンベル・コリン・ミントン氏寄贈
色絵虫魚浮彫飾皿 ドイツ 19世紀 ロンドウス社寄贈
青地色絵日本風俗図扁壺 C・ドレッサー/イギリス ミントン社 19世紀 ロンドウス社寄贈
白色ガラス蛙蜻蛉刻文瓶 イギリス 19世紀 グリーン & ネフュー社寄贈
白色ガラス草花刻文碗 イギリス 19世紀 グリーン & ネフュー社寄贈
緑彩茶彩葉文脚付瓶 ルイス・C・ティファニー/アメリカ ティファニー社 19世紀 ルイス・C・ティファニー氏寄贈
 

リーフレット

ドレッサーの贈り物 明治にやってきた欧米のやきものとガラス
ドレッサーの贈り物 明治にやってきた欧米のやきものとガラス

会期中、本館インフォメーションにて配布しています。
※なくなり次第、配布は終了します。

PDFPDF, 1.59MB)