TOP
 >> 展示
 >> 平成28年 新指定 国宝・重要文化財

平成28年 新指定 国宝・重要文化財

平成28年 新指定 国宝・重要文化財 / 本館 8室・11室   2016年4月19日(火) ~ 2016年5月8日(日)

  
国宝 紙本金地著色洛中洛外図(舟木本)(部分) 岩佐勝以(又兵衛)筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵

重要文化財とは、日本にある絵画、彫刻、工芸品、書跡・典籍、古文書、考古資料、歴史資料、建造物などの有形文化財のうち、文化史的・学術的に特に重要なものを、かけがえのない国民の財産として後世に伝えるため、国(文部科学大臣)が指定するものを指します。また、重要文化財の中でも特に優れたもの、学術的に価値の高いものは国宝に指定されます。

本展では、平成28年(2016)に新たに指定される国宝4件、重要文化財46件と、追加指定された重要文化財5件のうち、4件の国宝を含む52件を展示します。絵画部門は国宝に指定された「紙本金地著色洛中洛外図」をはじめ9件(うちパネル展示1件)、彫刻部門は13件、工芸部門6件、書跡・典籍部門4件、古文書部門5件、考古資料部門8件、歴史資料部門7件(うちパネル展示2件)を展示します。

※52件のうち彫刻の9件については、本館11室彫刻にて展示します。

 

 主な出品作品
 主な出品作品
国宝 紙本金地著色洛中洛外図(舟木本) 岩佐勝以(又兵衛)筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵
国宝 木造叡尊坐像/納入品 善春作 鎌倉時代・弘安3年(1280)/13世紀 奈良・西大寺蔵
国宝 黒韋威胴丸 兜、大袖付 室町時代・15世紀 奈良・春日大社蔵
国宝 称名寺聖教 金沢文庫文書 平安~明治時代・12~19世紀 神奈川・称名寺蔵
重要文化財  福田平八郎筆 昭和7年(1932) 大阪新美術館建設準備室蔵
重要文化財 矜羯羅童子 制吒迦童子(木造不動明王及脇侍像 銅造倶利迦羅竜剣のうち) 江戸時代・17世紀 奈良・宝山寺蔵
重要文化財 銹絵寒山拾得図角皿 尾形乾山作、尾形光琳画 江戸時代・18世紀 京都国立博物館蔵
重要文化財 藤原俊成自筆書状(三月六日、左少弁殿宛) 藤原俊成筆 鎌倉時代・12世紀 兵庫・香雪美術館蔵
重要文化財 静岡県登呂遺跡出土品 弥生時代後期・1~3世紀 静岡市蔵
重要文化財 和歌山県大日山35号墳出土品 古墳時代後期・6世紀 和歌山県蔵
重要文化財 臨時全国宝物調査関係資料 明治時代・19世紀 東京国立博物館蔵

 


 

 文化庁について
 文化庁について
文化庁のホームページ  http://www.bunka.go.jp/
プレスリリースはこちら