TOP
 >> 展示
 >> 彫刻 作品リスト

彫刻

彫刻

本館 11室  2019年1月22日(火) ~ 2019年6月9日(日)

  
蔵王権現立像 鎌倉時代・12~13世紀[展示期間:2019年4月14日(日)まで。2019年5月8日(水)から]

江戸時代以前の日本の彫刻は、寺院や神社に安置された仏像、神像、肖像で占められています。日本古来の神祇信仰は自然をご神体としてあがめるアニミズムでしたが、仏教の伝来以降、仏像の影響を受けて神像がつくられるようになりました。この部屋では、日本独自に展開した神々の姿の諸相をご覧いただきます。

展示作品リスト 16件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 重文 八幡神坐像(八幡三神坐像のうち) 1躯 慶(鏡)覚作 鎌倉時代・嘉暦元年(1326) 島根・赤穴八幡宮蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 獅子 1躯 平安時代・11世紀 奈良・薬師寺蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 狛犬 1躯 平安時代・11世紀 奈良・薬師寺蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
毘沙門天立像 1躯 平安時代・12世紀 C-298 2019年3月12日~4月14日、2019年5月8日~
弁才天坐像 1躯 鎌倉時代・13世紀 個人蔵 ~2019年3月10日
不動明王立像 1躯 平安時代・11世紀 岡野哲策氏寄贈 C-1851 2019年3月12日~4月14日、2019年5月8日~
蔵王権現立像 1躯 鎌倉時代・12~13世紀 C-564 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 天王立像 1躯 京都府亀岡市・大宮神社伝来 平安時代・10~11世紀 文化庁蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
吉祥天立像 1躯 京都府亀岡市・大宮神社伝来 平安時代・10世紀 C-1833 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 十一面観音菩薩立像 1躯 平安時代・11世紀 奈良・當麻寺蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 獅子・狛犬 1対 平安時代・12世紀 広島・吉備津神社蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 男神坐像 2躯 平安時代・11世紀 京都・大将軍八神社蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 慈恵大師坐像 1躯 蓮妙作 鎌倉時代・弘安9年(1286) 滋賀・金剛輪寺蔵 ~2019年3月10日
重文 阿弥陀如来坐像 1躯 広島県廿日市市宮島・光明院伝来 平安~鎌倉時代・12世紀 学校法人大正大学蔵 2019年3月12日~4月14日、2019年5月8日~
重文 十一面観音菩薩立像 1躯 平安時代・10~11世紀 奈良・薬師寺蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~
重文 十一面観音菩薩立像 1躯 平安時代・9世紀 奈良・子嶋寺蔵 ~2019年4月14日、2019年5月8日~