日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」

日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」

本館 特別5室  2016年6月21日(火) ~ 2016年7月10日(日)

  
(左)国宝 半跏思惟像 飛鳥時代・7世紀 奈良・中宮寺門跡蔵
(右)韓国国宝78号 半跏思惟像 三国時代・6世紀 韓国国立中央博物館蔵

半跏思惟像(はんかしゆいぞう)は、仏教の母国・インドにはじまり、中国、朝鮮半島、日本へと伝わりました。日本や朝鮮半島では6世紀から8世紀の間に多くの像がつくられ、そ のなかには古代仏教彫刻の傑作といわれる仏像があります。奈良県の中宮寺門跡(ちゅうぐうじもんぜき)に伝わる国宝の半跏思惟像はその一つで、優しく微笑む顔は誰もが知るところです。また、韓国国立中央博物館所蔵の銅製の半跏思惟像は、国宝78号像として広く親しまれています。本展は、日本と韓国の仏像の美を堪能するまたとない機会です。

作品リスト

No. 指定 作品名称 員数 時代・世紀 所蔵
1 国宝 半跏思惟像 1躯 飛鳥時代・7世紀 奈良・中宮寺門跡
2 韓国国宝78号 半跏思惟像 1躯 三国時代・6世紀 韓国国立中央博物館

ページトップへ