TOP
 >> 展示
 >> 近代の美術 作品リスト

近代の美術

近代の美術

本館 18室  2016年10月25日(火) ~ 2016年12月4日(日)

  
大久保甲東像(部分) 高橋由一筆 明治14年(1881)

明治・大正の絵画や彫刻、工芸を中心に展示します。明治5年(1872)の文部省博覧会を創立・開館のときとする当館は、万国博覧会への出品作や帝室技芸員の作品、岡倉天心が在籍していた関係から日本美術院の作家の代表作など、日本美術の近代化を考える上で重要な意味を持つ作品を数多く所蔵しています。これらによって明治、大正、そして昭和の戦前にかけての日本近代の美術を概観します。
日本画は下村観山の「白狐」など秋景の作品と、横山大観の「瀟湘八景」など日本絵画における豊かな色彩表現の作品をご覧いただき、洋画は明治期の肖像画を中心に展示します。工芸は金銀を多用した華やかな装飾をみせる工芸品を多数展示します。

展示作品リスト 33件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
乳糜供養 6曲1隻 荒井寛方筆 大正4年(1915) A-10563
雨中秋山 1幅 熊谷直彦筆 大正元年(1912) 熊谷直彦氏寄贈 A-859
_MD_RECOMMEND 重文 瀟湘八景 8幅 横山大観筆 大正元年(1912) A-10507
_MD_RECOMMEND 白狐 2曲1双 下村観山筆 大正3年(1914) A-10516
瀟湘八景 1巻 橋本雅邦筆 明治時代・19世紀 A-10511
臨済一喝(画稿) 1巻 橋本雅邦筆 明治30年(1897) 個人蔵
_MD_RECOMMEND 大久保甲東像 1面 高橋由一筆 明治14年(1881) A-1462
_MD_RECOMMEND 上杉鷹山像 1面 高橋由一筆 明治14年(1881) A-1461
岩倉具視像 1面 安藤仲太郎筆 明治時代・19世紀 A-726
大久保利通像 1面 安藤仲太郎筆 明治時代・19世紀 A-725
吉井友実像 1面 松岡寿筆 明治時代・19世紀 A-724
黄檗僧 1面 高村真夫筆 大正時代・20世紀 渡辺義一氏寄贈 A-10049
_MD_RECOMMEND シャクンタラ姫とドウシャンタ王 1点 佐藤朝山作 大正5年(1916) C-1502
竹取翁 1躯 米原雲海作 明治43年(1910) C-1586
旅人 1躯 米原雲海作 大正3年(1914) C-1585
瑠璃地金彩陶器賛文皿 1口 香蘭社 明治9年(1876) G-297
瑠璃地金彩唐草文仙盞瓶 2口 四代高橋道八作 明治6年(1873) 高橋道八氏寄贈 G-214
三彩吉祥果実透文高脚付蓋物 1合 宮井佐十郎作 明治10年(1877)頃 G-272
色絵金彩象形香炉 1合 東郷寿勝作 明治時代・19世紀 G-4377
重文 鷲置物 1基 鈴木長吉作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-13034
白磁梅枝菊花額 1面 光武彦七作 明治10年(1877)頃 G-101
桃漆絵額 1面 柴田是真作 明治13年(1880) 個人蔵
烏鷺蒔絵菓子器 1合 柴田是真作 明治時代・19世紀 H-4251
雪中南天樹鵯図額 1面 正阿弥勝義作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-12756
躑躅鶺鴒図煙草箱 1合 塚田秀鏡作 大正3年(1914) 塚田秀鏡氏寄贈 E-13145
手釦 2個 香川勝広・六代沓谷滝次郎作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-12902
紳士用時計鎖 1連 鎖=村松万三郎作、金具=沢田寿永作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-12767
婦人用時計鎖 1連 鎖=村松万三郎作、金具=香川勝広作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-12768
_MD_RECOMMEND 宝相華唐草文花瓶 1口 関沢卯一作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-13031
釉裏彩牡丹図花瓶 1口 香蘭社 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 G-300
色絵金襴手花鳥文大瓶 1口 九代帯山与兵衛作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 G-137
頼光大江山入図大花瓶 1対 横山孝茂・横山弥左衛門作 明治5年(1872) ウィーン万国博覧会事務局 E-13012
老人の首 1個 高村光太郎作 大正12年(1923) 江渡幹子氏寄贈 C-1621