TOP
 >> 展示
 >> 金工 自在と置物 作品リスト

金工 自在と置物

金工 自在と置物

本館 13室  2016年7月12日(火) ~ 2016年9月25日(日)

  
花籠形釣香炉(部分) 江戸時代・18世紀

江戸時代、金工の技法は高度に成熟し、太平の世情や庶民文化の成熟、博物学の発展などを背景として、多種多様かつ写実的な動植物モチーフをあしらった文房具や調度品が数多く制作されました。それらは用途・機能を超えて、鑑賞性の高い巧緻な造形を志向するに至ります。自在置物はその代表です。
ここでは自在をはじめとする置物や香炉をご紹介し、江戸金工の豊かな造形表現を鑑賞いただきます。

展示作品リスト 21件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 花籠形釣香炉 1基 江戸時代・18世紀 E-12733
鶉香炉 1対 津村亀女作 江戸時代・18~19世紀 E-13803
蟹形文鎮 1個 全龍斎寿道作 江戸時代・19世紀 E-13004
亀形文鎮 1個 栗原貞乗作 江戸時代・19世紀 E-13005
多宝塔 1基 飾屋八五郎作 江戸時代・19世紀 E-13006
_MD_RECOMMEND 自在伊勢海老置物 1個 明珍宗清作 江戸時代・18~19世紀 E-20286
花車置物 1基 江戸時代・19世紀 E-12739
御所車置物 1基 長谷川晴定作 明治時代・19世紀 神谷傳兵衛氏寄贈 E-13405
五具足 1具 村田整珉作 江戸時代・19世紀 E-13001
達磨立像 1躯 村田整珉作 江戸時代・19世紀 E-13079
_MD_RECOMMEND 自在龍置物 1個 明珍宗察作 江戸時代・正徳3年(1713) E-20016
_MD_RECOMMEND 自在鷹置物 1個 明珍清春作 江戸時代・18~19世紀 E-20000
自在鯉置物 1個 明珍吉久作 江戸時代・19世紀 個人蔵
自在蟹置物 1個 江戸時代・18~19世紀 東京・大倉集古館蔵
自在蟷螂置物 1個 江戸時代・18~19世紀 東京・大倉集古館蔵
自在蝶置物 1個 明珍宗安作 江戸時代・宝暦3年(1753) 東京・大倉集古館蔵
自在鯉置物 1個 明珍吉久作 江戸時代・18~19世紀 東京・大倉集古館蔵
自在蟷螂置物 1個 高瀬好山作 大正~昭和時代・20世紀 森山寿氏寄贈 E-20870
自在龍置物 1個 里見重義作 明治40年(1907) E-13097
自在伊勢海老置物 1個 高瀬好山作 大正~昭和時代・20世紀 個人蔵
自在蛇置物 1個 宗義作 昭和時代・20世紀 E-20003