TOP
 >> 展示
 >> 博物館に初もうで 犬と迎える新年

博物館に初もうで 犬と迎える新年

博物館に初もうで 犬と迎える新年 / 本館 特別1室・特別2室   2018年1月2日(火) ~ 2018年1月28日(日)

  
朝顔狗子図杉戸(部分) 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784)

犬は、世界中で最も古くから人に飼われていたと考えられる動物で、さまざまな民族の文化に影響を与えました。

この展示では、「いぬのかたち」「いぬとくらす」という2つのテーマで犬と人とのかかわりを紹介します。

日本人に愛されてきたかわいらしい子犬や、珍しい異国犬の造形を楽しむとともに、さまざまな絵画に表された犬の姿を通じて、常に人とともにあった犬の文化史的な意義をご覧ください。

 

担当研究員の一言

私たち人間と古くからの友人である犬。この愛らしい犬たちと新たな年を迎える展示です。/末兼俊彦

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
朝顔狗子図杉戸 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784)
洋犬図絵馬 酒井抱一筆 江戸時代・文化11年(1814) 東京・總持寺蔵
山水図 伝夏珪筆中国 南宋~元時代・13~14世紀
名所江戸百景・高輪うしまち 歌川広重筆 江戸時代・安政4年(1857)
犬を戯らす母子 鈴木春信筆 江戸時代・18世紀

関連事業

<ギャラリートーク>   博物館に初もうで 犬と迎える新年
本館 特別1室  2018年1月12日(金)   18:30 ~ 19:00   当日受付
<イベント>   博物館に初もうで
2018年1月2日(火) ~ 2018年1月28日(日)   9:30~17:00 
※ 金・土曜日は9:30~21:00