TOP
 >> 展示
 >> 平成27年 新指定 国宝・重要文化財

平成27年 新指定 国宝・重要文化財

平成27年 新指定 国宝・重要文化財 / 本館 8室・11室   2015年4月21日(火) ~ 2015年5月10日(日)

  
国宝 木造弥勒仏坐像 平安時代・9世紀 奈良・東大寺

重要文化財とは、日本にある絵画、彫刻、工芸品、書跡・典籍、古文書、考古資料、歴史資料、建造物などの有形文化財のうち、文化史的・学術的に特に重要なものを、かけがえのない国民の財産として後世に伝えるため、国(文部科学大臣)が指定するものを指します。また、重要文化財の中でも特に優れたもの、学術的に価値の高いものは国宝に指定されます。

本展では、平成27年(2015)に新たに指定された国宝2件、重要文化財39件と、追加指定された重要文化財8件のうち、2件の国宝を含む46件を展示 します。絵画部門8件、彫刻部門は国宝に指定された「木造虚空蔵菩薩立像」をはじめ10件、工芸部門4件、書跡・典籍部門4件、古文書部門5件(うち拓本複製展示1件)、考古資料部門6件、歴史資料部門9件を展示します。

※46件のうち彫刻の10件については、本館11室彫刻にて展示します(写真パネル2件含む)。

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
国宝 木造虚空蔵菩薩立像 平安時代・9世紀 京都・醍醐寺
国宝 木造弥勒仏坐像 平安時代・9世紀 奈良・東大寺
重要文化財 紙本金地著色江戸名所風俗図(左隻) 江戸時代・17世紀 東京・出光美術館
重要文化財 色絵竜田川文透彫反鉢 尾形乾山作 江戸時代・18世紀 神奈川・岡田美術館
重要文化財 山家心中集 鎌倉時代・13世紀 京都・妙法院
重要文化財 冷泉為広下向記 冷泉為広筆 室町時代・15~16世紀 京都・冷泉家時雨亭文庫
重要文化財 大阪府野中古墳出土品 古墳時代 中期 大阪大学
重要文化財 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板 昭和10年(1935) 奈良・法隆寺
 

 

文化庁について
文化庁のホームページ  http://www.bunka.go.jp/
プレスリリース(PDF)はこちら