TOP
 >> 展示
 >> 書画の展開―安土桃山~江戸 作品リスト

書画の展開―安土桃山~江戸

書画の展開―安土桃山~江戸

本館 8室  2015年6月16日(火) ~ 2015年8月2日(日)

  
朝顔狗子図杉戸(部分) 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784)

安土桃山時代から江戸時代の絵画は、永徳や探幽をはじめとする狩野派を中心に、宗達・光琳・抱一らの琳派、大雅・蕪村らの南画派、応挙を祖とする円山派、 若冲・芦雪・蕭白らの個性派の画家たちを輩出し、百花繚乱の相を呈しました。書は、江戸時代初期の三筆(信尹・光悦・昭乗)が新しい書風を打ち立て、黄檗 の三筆らがもたらした中国書法が、江戸時代中期以降、唐様の書として流行しました。ここでは安土桃山時代から江戸時代に多様な展開を遂げた絵画と書跡を展 示します。
絵画は、江戸時代諸派の画家たちの夏にちなむ作品を中心にご覧いただきます。書跡は画家の筆跡と江戸後期の学者の書を紹介します。

展示作品リスト 23件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 朝顔狗子図杉戸 2枚 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784) A-12124
洋犬図絵馬 1面 酒井抱一筆 江戸時代・文化11年(1814) 東京・總持寺蔵
松渓清暑図 1幅 野呂介石筆 江戸時代・文政6年(1823) A-12313
方広寺大仏殿炎上図 1幅 長沢芦雪筆 江戸時代・寛政10年(1798) 個人蔵
寒山拾得図屏風 2曲1隻 長沢芦雪筆 江戸時代・18世紀 植松嘉代子氏寄贈 A-11833
四季草花図屏風 6曲1双 松村景文筆 江戸時代・19世紀 東京・大倉集古館蔵
蘭図扇面 1幅 池玉瀾筆 江戸時代・18世紀 A-1385-1
虫太平記絵巻 巻上 1巻 筆者不詳 江戸時代・18世紀 東京・大倉集古館蔵
鶏図扇面 1本 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 A-52-80
雀図扇面 1本 長沢芦雪筆 江戸時代・18世紀 A-52-59
独活図扇面 1本 呉春筆 江戸時代・18~19世紀 A-52-61
書状 1巻 椿椿山筆 江戸時代・19世紀 B-2516
詩文貼交屏風 6曲1双 西依成斎・西依墨山筆 江戸時代・18世紀 個人蔵
二行書 1幅 谷文晁筆 江戸時代・19世紀 B-2943
唐詩五言絶句「春曉」 1幅 円山応挙筆 江戸時代・18世紀 植松嘉代子氏寄贈 B-2995
_MD_RECOMMEND 書状 1幅 与謝蕪村筆 江戸時代・18世紀 個人蔵
七言絶句 1幅 浦上玉堂筆 江戸時代・18~19世紀 水島篤子氏寄贈 B-2932
教訓書 1幅 加藤千蔭筆 江戸時代・19世紀 B-1807
2幅 松平不昧筆 江戸時代・天明2年(1782) B-2544
一行書「禮聞来學」 1幅 松平定信筆 江戸時代・18~19世紀 B-3191
書状 1幅 本居宣長筆 江戸時代・寛政12年(1800) B-1804
詠草 1幅 賀茂真淵筆 江戸時代・18世紀 B-1808
詠草 1幅 屋代弘賢筆 江戸時代・19世紀 個人蔵