TOP
 >> 展示
 >> 宮廷の美術―平安~室町 作品リスト

宮廷の美術―平安~室町

宮廷の美術―平安~室町

本館 3室  2018年8月7日(火) ~ 2018年9月17日(月)

  
鼠草紙(部分) 江戸時代・18世紀

平安から室町時代の美術にはそもそも宮廷貴族が強く関与し、その好尚を反映したものが多く、日本美術史に果たした貴族の役割はきわめて大きいものがありました。宮廷貴族の手によってつちかわれたやまと絵や書の作品、そして宮廷貴族の調度品として用いられた工芸品は後代まで強い影響力をもち、日本美術の重要な位置を占めています。ここでは、平安から室町までの宮廷に源を発する美術の世界をご覧いただきます。 今回は、鼠が人間に求婚して失敗し、出家を遂げるという物語を描く御伽草紙「鼠草紙」や、藤原定家の明月記を中心に鎌倉時代の書などをご紹介します。

展示作品リスト 7件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 鼠草紙 1巻 筆者不詳 江戸時代・18世紀 A-1383
_MD_RECOMMEND 重文 明月記 (天福元年七・八月) 1巻 藤原定家筆 鎌倉時代・天福元年(1233) 個人蔵
明月記断簡 1幅 藤原定家筆 鎌倉時代・建暦元年(1211) 百瀬治氏・百瀬富美子氏寄贈 B-3464
兵範記断簡 1幅 藤原定家筆 鎌倉時代・13世紀 筒井邦子氏寄贈 B-3218
_MD_RECOMMEND 重美 和歌懐紙 1幅 西園寺実兼筆 鎌倉時代・13世紀 B-2979
高光集切 1幅 伝九条教家筆 鎌倉時代・13世紀 B-12-18
瑞花鳥鈕八稜鏡 1面 平安時代・11~12世紀 E-13292