TOP
 >> 展示
 >> 日本美術(本館)
 >> キリシタン関係の遺品 イエズス会の布教と禁制下の信仰

キリシタン関係の遺品 イエズス会の布教と禁制下の信仰

キリシタン関係の遺品 イエズス会の布教と禁制下の信仰
本館 16室   2013年3月19日(火) ~ 2013年5月6日(月)

  
重要文化財 板踏絵 キリスト像(ピエタ) 長崎奉行所旧蔵品 江戸時代・17世紀

ルターが宗教改革を推し進めていた1534年、スペインのバスク地方出身のイグナティウス・デ・ロヨラは、カトリックの中の改革派としてフランシスコ・ザビエルら6人の同志を集めてイエズス会を創立し、活動を始めました。イエズス会はポルトガル国王の支援を受けてヨーロッパ以外の地にカトリックを広めることでプロテスタントに対抗します。ザビエルが日本に来たのは1549年。こののち、日本には宣教師が次々に訪れ、キリスト教の信徒を増やしました。最盛期には40万人に達したといいます。キリスト教が禁止される17世紀初期までは西洋の情報・文化が日本に達し、逆に日本の様子が西洋に伝えられました。日本と西洋がつながったのです。

しかし江戸幕府がキリスト教を禁止し、追放そして厳しい弾圧によって改宗を迫ると信徒はいなくなったはずでした。ところが、長崎の一部の地域に潜伏して信仰を守り続けた人々がいました。カクレキリシタンです。彼らは組織をつくって結束し、仏教寺院の檀家を装い、仏壇の奥にマリア観音像を置き、踏み絵を踏んで帰ってから懺悔(ざんげ)のオラショ(祈祷(きとう)文)をとなえました。ここに展示した遺物のほとんどはこうしたキリシタンの人々が所持していたものです。

明治政府も禁制を続けましたが、欧米諸国の強い批判を受けて明治6年(1873)信仰の自由を認めました。

 

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
重要文化財 聖母子像 ヨーロッパ 長崎奉行所旧蔵品 16~17世紀
重要文化財 キリスト像 長崎奉行所旧蔵品 16~17世紀
重要文化財 天正遣欧使節記 レッジオ刊 イタリア 1585年
重要文化財 聖母像(親指のマリア) イタリア 長崎奉行所旧蔵品 17世紀
重要文化財 板踏絵 キリスト像(ピエタ) 長崎奉行所旧蔵品 江戸時代・17世紀
重要文化財 マリア観音像 徳化窯 中国 長崎奉行所旧蔵品(安政3年浦上にて収納) 明~清時代・17世紀

関連事業

<ギャラリートーク>   16世紀 西洋とつながった日本
本館 16室  2013年4月2日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付

関連リンク