TOP
 >> 催し物
 >> イベント
 >> コンサート「受胎告知~レオナルド・ダ・ヴィンチ時代のマリア賛歌」

過去のイベント

コンサート「受胎告知~レオナルド・ダ・ヴィンチ時代のマリア賛歌」

特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」関連事業
レオナルド誕生日記念コンサート 午前の部

受胎告知~レオナルド・ダ・ヴィンチ時代のマリア賛歌
ヴォーカル・アンサンブル カペラ
 日本を代表する古楽団体「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」と「アントネッロ」が、レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代の音楽を演奏します。
 「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」はルネサンスの宗教音楽を専門とするア・カペラ声楽グループで、レオナルド時代のマリアを讃える宗教音楽を歌います。中世から歌い継がれてきたグレゴリオ聖歌のほか、ジョスカン・デ・プレのマリアを讃える作品をご紹介します。
ジョスカン・デ・プレとは?
 レオナルドと同時代人で、最高の天才と讃えられた作曲家がジョスカン・デ・プレ(Josquin des Prez 1455?-1521)です。この二人の芸術家はミラノで同時期に活躍しており、互いを知っていたと思われます。レオナルドが描いたとされる「音楽家の肖像(1490年ごろ)」という作品がミラノのアンブロジアーナ図書館に所蔵されていますが、これはジョスカンを描いたものという説もあります。
 開催要項
日時 2007年4月15日(日) 11:00開演(10:30開場、12:00終演予定)  チケット完売
会場 東京国立博物館 表慶館
曲目 グレゴリオ聖歌
<アヴェ・マリア>
<サルヴェ・レジーナ>
マニフィカト ほか
出演 ヴォーカル・アンサンブル カペラ
鈴木美登里、花井尚美、本保尚子(Superius)
青木洋也、及川 豊、根岸一郎、望月寛之(altus/tenor)
小酒井貴朗(Bassus)、花井哲郎(Bassus、Maestro di Cappella=音楽監督)
料金 1,000円 (100席/全席自由)
※特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」の観覧は、別途観覧券が必要
主催 「イタリアの春 2007」実行委員会、東京国立博物館、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション
問い合せ先 東京国立博物館イベント担当 03-3821-9270
 チケットのお求め方法 (当日券の販売はございません)
■ ご来館の方への窓口販売  (2007年3月10日(土)より販売) チケット完売
販売場所 :  東京国立博物館 正門観覧券売場(窓口)
販売時間 :  開館日の9:30~16:30
2007年3月21日(水・祝)および3月24日~4月14日の土・日曜日 9:30~17:30
2007年3月23日~4月13日の金曜日 9:30~19:30
※月曜休館。
■ ローソンチケットでの販売  (2007年3月10日(土)より販売) チケット完売
ローソンチケット(予約専用オペレーター)0570-000-407にて販売(Lコード:30415)
 出演者プロフィール
ヴォーカル・アンサンブル カペラ   http://www.cappellajp.com/
 1997年に、古楽に取り組む歌手とともに花井哲郎によって創立された声楽アンサンブル。主なレパートリーはグレゴリオ聖歌とルネサンス・フランドル楽派の宗教曲。特に、ルネサンス最大の作曲家の1人ジョスカン・デ・プレに力を入れ、没後500年に当たる2021年までに、彼の全作品を演奏しようという壮大な計画を進めている。
 演奏に際して、宗教曲はその曲が意図された典礼的枠組みの中で演奏されたときにその真価を最大に発揮できるとの考えから、通常の演奏会であっても教会という場を借りてミサや晩課の形式を取りグレゴリオ聖歌やラテン語による聖書朗唱とポリフォニー楽曲をとりまぜたプログラムを組むようにしている。